日本将棋連盟・米長邦雄会長の追悼番組、12/24にニコ生で放送

写真拡大

ドワンゴは、動画サービス 「niconico」の「ニコニコ生放送」 にて、日本将棋連盟会長 故・米長邦雄氏の追悼特別番組を12月24日(月)19:00より生放送する。

同番組は、日本将棋連盟のプロ棋士、そして会長として、将棋界の発展に貢献した米長邦雄氏が18日に死去したことを受け放送されるもの。

当日は米長会長と縁の深い棋士をゲストに招き、プロ棋士・米長永世棋聖としての棋歴と、日本将棋連盟・米長会長としての功績を振り返る。

また、11月下旬に収録されたという米長会長へのインタビュー動画も全編配信するとのこと。

ゲスト出演者は、谷川浩司九段(専務理事)、田中寅彦九段(常務理事)、北島忠雄六段(電子メディア担当理事)、西村一義九段、中村太地六段を予定している米長会長は19歳でプロ棋士となり「さわやか流」や「泥沼流」と呼ばれる棋風で活躍。

1984年度には、十段・棋聖・王将・棋王のタイトルを持つ将棋界史上3人目の四冠を達成、さらに翌年には永世棋聖の称号を獲得した。

また、1993年には最年長記録となる49歳11カ月での名人取得も果たしている。

将棋連盟会長に就任してからも、女流棋戦やネット棋戦の新設、アマチュアのプロ棋士参入条件の整備、日本将棋連盟の公益社団法人化など、数多くの功績を残した。

またネット事業の取り組みにも力を入れ、ニコニコ生放送におけるタイトル戦の生中継やプロ棋士とコンピュータ将棋の対局「電王戦」も実現。

2012年1月に開催された第1回電王戦では、永世棋聖として自ら世界最強コンピュータ将棋と対戦し、大きな話題となった。