石巻の復興商店街の一角。

写真拡大

■見方が変わるのが楽しい

仙台高専3年の沼倉寛人さん。「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」の3週間から帰ってきて、変化したことは何ですか。

「学校の先生の見方が変わった感じでしたね。もともと、先生ってあんまり意識してなかったんですけど。最近高専で、地域の小学校とかに、理科の実験を教えに行く『リカレンジャー』って出張サービスがあるんですよ。それに参加するようになって、先生とより関わるようになって。いつもは黒板に向かってたり、実験室で話聞くだけだけど、なんか『あ、普通の人間なんだな』って。先生たちも、今もやりたいことがいっぱいあるっていうことがわかって。有機化学をやってる先生は、学校で教えながら『将来は、有機使って脳科学のほうに行きたいなぁ』って。そういうの聞くと『あ、有機化学って、そういう方向にも行けるんだな』って知って。テスト勉強に有機が出てくると『俺、飛行機も作りたいけど、製薬も面白そうだわ』って思ったりするようになりました。見方が変わるのがなんか楽しいです」

変化は今も続いている。12月に入ってから、沼倉さんはあらたな資格を手に入れた。「工業英検3級、合格しました!」。公益社団法人日本工業英語協会が主催する、エンジニア用の英検だ。

そして沼倉さんからは、連載を読むうちに「もしかして地元で成功、もしくは地元の活性化をしたいって人、多いのかなと」思ったというメールももらっている。

「取材当初は、飛行機をつくれる仕事に就きたいと思っていました。それは今も変わっていません。でも俺は多趣味な性格なので、若年起業家の話を聞いていて、起業にも興味を持ちました。この間、TVで個人起業家のインタビューを見たんです。それからより一層、起業してみたいと思うようになりました。『手軽に農薬散布にも使えるラジコン』とか『廃番のバイクや車などの部品』とかの製造。実現できるのか、需要があるのかわからないんですが、『あれがあればいいのに』を生み出す工場——というか工房を、一旦就職して、地元に戻って持ちたいなと思ってます」

学生寮で暮らす沼倉さんの実家は、石巻に北で隣接する内陸の水田地帯、登米市だ。最大震度は6強。沼倉さんには実家周辺の被災状況を訊いておきたかった。

「自宅は一部破損で、半壊に至らないという診断でした。近くでは全壊した家もあり、それを考えるとラッキーだったと思います。ただ、言ってしまうと、中途半端が一番辛いというものもあります。半壊と一部破損との診断の違いで、対応というか手当てがけっこう違うものですから。いろいろ直すのも大変です。佐沼(注・登米市の中心部)などでは、もともとが沼地であっただけに地面が下がってマンホールが突き出たり、電信柱が倒れたりしました。陥没した道路は、まだ整備されていないところも多くあります。地震後もたびたび母方の実家の登米(とよま)町に行ってるんですけど、こちらはこちらで歴史的な建物が多いだけに倒壊などが多かったようです」

登米市も石巻と同時期に「平成の大合併」で現在の市域となった。旧登米町は合併した9町のひとつで、明治時代からの建築物が多く残っていた。だが、この内陸の町の被災状況は全国にはほとんど知られていない。

次に話を聞いたのは、こちらがひそかに「ミスター具体的」とあだ名を付けた看護士志望の高校生だ。

■注射を打ちたい

齊藤啓太(さいとう・けいた)さんは宮城県石巻高等学校普通科2年生。将来の志望は看護師。

「もともとは介護福祉士を目指してたんですけど、介護福祉士だと、どうしてもやれることが限定されて。もうひとつの理由が給料で、介護福祉士は行っても月収33〜34万円くらいなんです。看護師とは、給料も年収で100万円くらい違ってくるので。あとは……注射打ちたいっていうのがちょっとあって」

注射を打ちたい人になったきっかけは何ですか。

「母親が看護師で、夜勤とかの時に病院に連れて行ってもらって見てたんですけど、結構それで注射も見て、自分がされるのも見て『こういうのを逆にしてやりたいな』って思って。あと、もともと老人と話すのが好きで、老人だけじゃないか、知らない人と話すのがけっこう好きで。看護師っていうのは、入院してる人とかといろいろ話せるじゃないですか。そういうのが好きです。もう進路は完璧にその方向で決めてます」

給料の話が具体的に出たことに興味があります。看護師と介護福祉士の差を調べたわけですね。

「もうインターネットでサイト20個くらい見て、年収ランキングとかガッツリ調べて。介護福祉士だと、専門学校出で初任給17〜18万円。看護師は大卒では20万円くらい。給料の上がり具合が、介護福祉士は少しずつしか上がらなくて、40〜50歳代まで行ったらほとんどそのまま。でも、看護師はボーナスからもう全然違いますし。難しい試験を通れば幅が広がって、金ももっと貰えるようになります。部長とか看護婦長になれば、また全然違いますし、看護大学の教授になれば、年収1000万円とかになるし。看護専門学校の校長とかになってる人もいますし」

給料にここまで具体的な興味を持った齊藤さんの動機に興味があります。「仮説1、金にうるさい人間である」。

「はいはい、うるさいです(笑)。もともと、家の教育が『金は無駄にするな』っていう教育で。そうすると、なんか、どんどん金に対して欲求が出てきて(笑)。とりあえず金を持っていれば、将来何かしらは裕福できるんだろうってことですね」

親御さんは何屋さんですか。

「親父は、前は女川(おながわ)で船とか電車の部品をつくる工場の工場長してました。工場は津波で流されました。今は復興し始めてるんですけど、もう定年なんで。母は石巻市立病院の看護師です。あと、32だか33歳の兄がいて、京都で居酒屋経営してます。前は駅弁つくるところに勤めてたんですけど、『自立したい』って」

女川町は陸側を新制石巻市に包囲されるかたちになった三陸海岸沿いの町だ。古くからの漁業の町だったが、1980(昭和55)年の東北電力女川原子力発電所着工以降は、町の経済は典型的な原発依存型の構造になっている。遡上高があと80センチメートル高ければ、ここも福島第一原子力発電所と同じように津波に呑まれていた。齊藤さんが通う石巻高校は、女川原発から約30キロメートルの距離にある。

さて齊藤さん、看護師になるために行く学校はどこになりますか——この問いに返された答えは、東北でも首都圏でもない土地の名だった。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)