身も凍る”独女”の話

写真拡大

先日弊誌にて、「年上の独女、こうはなりたくない! 」という記事を掲載し、個性的なたくさんの独身女性が登場していた。

筆者の周りにもギョッとする言動をしてくる独女が少なくない。

ここではそんな独女たちを紹介していこう。

A子と一緒にお茶をしているとき。

彼氏ができたばかりの筆者は無邪気に「ねぇねぇ聞いて。

彼氏できたんだー」とA子に話した。

すると彼女は表情一つ変えず、数秒の沈黙ののちにこう答えた。

「でも忍ちゃん、友達少ないじゃん」えっ? ええ?? そりゃ私は女に敵を作るタイプだから女友達少ないけれど、それと彼氏ができたのって関係ある!? しかも「でも」ってなんだよ。

あとから別の友人に聞いたのだが、A子は彼氏に振られたばかりだったとのこと。

彼女は女友達が多いタイプで、「彼氏がいるけど友達は少ない」私はプラスマイナスゼロ。

「彼氏はいないけど友達が多い」A子もプラスマイナスゼロ。

つまりは、「彼氏できたからって私とアンタはおんなじなんだから」と言いたかったのだろうか……。

そんな出来事から数年後、ついに私も結婚することとなった。

女友達の家に数人が集まって女子会を開いたとき、「あの、実は発表したいことがあります。

……結婚することになりました! 」と皆に伝えた。

その場にいた全員が「わぁ〜! おめでとう!!」と祝福してくれた。

B美を除いて。

皆がキャッキャと騒いでお祝いムードの中、B美だけが私に背を向けてテレビを見て沈黙を守っている。

そのうち騒いでいた友人たちもB美の様子に気づき、徐々に場が白けていく。

そのとき、B美がテレビを見たままつぶやいた。

「半年」意味が分からず「えっ? 」と聞き返すと、「持って半年」さすがに居合わせた友人が「何言ってんのよ!! 」と激怒し、私はその友人をなだめる役にまわったのだが、その時のB美から出ているオーラがおどろおどろしく、背筋が凍った。

ちなみに、B美はいまも独身。

彼氏いない歴を更新し続けている。

私が中校生の時。

遠い親戚で29歳の女性(C恵)がいた。

別の親戚の女性が結婚するという話でその場が盛り上がっていて、まだ子供だった私が無邪気に「C恵姉ちゃんはまだ結婚しないの? 」と聞いてしまう、という一幕があった。

大人になれば失礼な発言だとわかるのだが、当時は私も子供だったためその時のC恵の反応もよく覚えていないし、そんなことを言ったことすら忘れてしまっていた。

それから約20年。

ひょんなことからC恵と連絡を取ることがあった。

一通りの話が終わった後、C恵は聞いてきた。

「もう33になるのに、まだ結婚しないの? 」と。

随分なことを聞くな、と思いながら「そ、そうだね、婚活はしてるんだけどね」と答えると、彼女はこういった。

「いまどんな気持ちになった? 私も20年前、いまのアンタと同じ気持ちになったんだから」一瞬なんのことかわからずポカーンとしていると、前述の20年前の出来事を彼女が話し出した。

いや、失言をした私が悪いんだけどさ、悪いんだけどね、20年間根に持っていただなんて、やっぱり怖いです。

……ちなみにC恵はまだ独身です。