恋愛するためには変わらなきゃダメ? 「今の自分のままでモテる」という発想

写真拡大

恋愛するためには、自分を変えなくてはいけないのか―。

「自分のここがいけないからモテないんだ」「今の自分では恋愛できない」と思ってしまうことについて、「ゆうメンタルクリニック」総院長で、精神科医・心理研究家のゆうきゆうさんにアドバイスをもらった。

例えば、恋人に浮気をされて、「私のどこが悪いの? 教えてくれたら直すから」と聞いたとします。

それに対して「君に悪い部分はないよ」と返事が返ってきたとしたら……。

人間の気持ちは少しずつ少しずつ冷めてくるものです。

そして冷め切った気持ちは「一つを直せばどうこうなる」というレベルではなくなります。

すなわち逆に言えば、「悪い部分がない」という言葉は、「直してといっても変わらないでしょう? それに変わったとしても僕の気持ちは同じだし……」という心理のあらわれ。

ですので決して相手は「ウソをついている」わけではないのです。

さらに「悪いところを直すから、教えて」というセリフに、男性は「直したら私のことだけを愛してくれるんだよね!?」というメッセージも感じるものです。

ですので気持ちが冷めかけている場合、なおさら言いにくくなるわけです。

実際に、「悪いところがある」からといって、相手からフラれるかというと、そういうわけでもありません。

「ダブル・バインド」といって、男性の言うことを聞かない女性が、かえって気持ちをつかむことだってあるのです。

ですので必死に「悪い部分を直そう」と、気にしすぎる必要はないと思います。

僕からの一番のアドバイスは、「変わらなきゃいけないと思い詰めるな」ということ。

それは結果的に相手の気持ちもつよく緊張させることになります。

ぐっと言いたいときに、その分やさしく接すること! 少しずつでもいいので、試してみてくださいね。

実はある心理学研究によって、「自己改造」をしようとしている人ほど、そうでない人に比べて、何と40%も抑うつ的になりやすいということが分かっています。

とにかく「改造」、こと「今の自分をまったく別のものに変えよう」とするのは、あまりいいことではないわけです。

ここで大切なのは「改造」と「成長」は違うということ。

実際に、今の自分の延長線上で、大きくなりたいと願ったり、今の仕事などを広げていきたい……と思ったりすることは、悪いことではありません。

それは「成長」で、こういう思考をする人に関しては、まったく問題ありません。

大切なのは、今の自分を受け入れ、そしてその上で、それを伸ばしていくこと。

これこそが「成長」であり、これはとってもイイことなのです。

ダメなのは「改造」。

今の自分を否定し、まったく別のものに変わらなきゃ……と思うこと。

こう考えてしまう人は、結局根本的に自分を受け入れることができません。

そのため、ちょっとした変化があったとしても、結局は「まだダメだ」「もっと変わらないと」と考えてしまい、いつまでたっても自己否定を繰り返すだけです。

これでは言うまでもなく、抑うつ的になってしまい、どんどん気持ちが落ちてしまうわけです。

覚えておいてください。

「このままじゃダメ」と思うこと自体がダメです。

「変わらないと」と思っていてはいけません。

また「本当の自分はどこだ?」「今の自分ではいけないんだ」という思考もよくありません。

大切なのは、「今の自分でいい」と考えること。

自分を入れ替えたり、完全に変身したりする必要はありません。

とにかく自分の肉体や頭脳そのものを変えようとしては、いつまでたっても疲れるだけです。

とにかく今の自分を受け入れ、認めること。

そしてその上で、「では、今の自分の体や頭のままで、これをうまく進めるには、どうしたらいいのか?」と考えることです。