『オノマトペは面白い 官能小説の擬声語・擬態語辞典』永田守弘/河出書房新社
数えきれないほどの官能小説の中に書かれたオノマトペを、ずらり並べた400ページ越えの『オノマトペは面白い 官能小説の擬声語・擬態語辞典』。ありとあらゆる表現が掲載されていますが、ドキドキするもあれば、それはなんか違うというものも。両方あわせて、性の文字表現の多様性を味わえる一冊です。

写真拡大

問題です。
次のオノマトペは何の擬音・擬態語でしょうか。
 
1・てぷてぷ
2・きゅうるり
3・ぢゅむン
 
正解はこちら。
1・おっぱいが揺れている音
「乳房が、てぷてぷと揺れた」
2・セックス中に膣内がしまる音
「ドアノブを回すようにきゅうるりとよじれる」
3・女性が騎乗位で男性器を挿入する音。
「体重をかけた。ぢゅむン−−。抵抗はなかった」

全部わかった人には官能小説キング(またはクイーン)の称号をあげます。
『オノマトペは面白い 官能小説の擬声語・擬態語辞典』はありとあらゆる数多くの官能小説の中に描かれた、性を表すオノマトペ「だけ」を集めた単語集です。
400ページ以上、ぎっちりオノマトペが詰まっており、その出典文章が引用されています。

たとえば、おっぱいが揺れるときどう表現しますか。
「ゆさゆさ」
「タプンタプン」
「ぷにゅぷにゅ」
「ブルンブルン」
いろいろありますが、この音だけでおっぱいの雰囲気やシチュエーションがガラっと変わる。
「ゆさゆさ」と書くだけで、それが巨乳であることがわかります。「タプンタプン」だとかなり視点が胸に近づいている状態でしょう。「ぷにゅぷにゅ」は触れている、あるいは胸が何かにあたっている状態、触覚を表します。「ブルンブルン」に至っては、激しすぎて行為を暗に表現しているようです。

オノマトペ自体、研究すると非常に面白いものです。
しかし官能小説は「セックスをする」という一点に集中しつつ、多様なバリエーションを考えなければいけません。オノマトペのこだわり方は非常に重要です。一つのオノマトペでガラっと空気が変わります。
かといって使いすぎるとだれてきます。わさびのようにちょっとだけ入れて、文字情報の中にピリリと刺激を入れると効果的。

作家の個性が出るところですが、何でもかんでも有名なオノマトペを使えばいいわけじゃない。
「タプンタプン」は魅力的な単語ですが、ただ胸が揺れるんじゃなくて、こだわりがあるわけですよ。とりあえず「タプンタプン」って書きゃいいってもんじゃない。
最初にあげた「てぷてぷ」は実に素晴らしいですね。確かに重みがあって揺れている感じが出ていますが、少し軽く柔らかく、ふんわりした感じがしてきます。
乳房表現では「みちょ」というのが個人的にツボでした。
いいね! 女性が胸を押し当てた時、その濡れそぼった感覚がじわじわ伝わってきます。何で濡れたのかわからんけどグッときます。

本は「女性編」「男性編」と分かれており、女性編は「全身」「目」「陰毛」「子宮」など更に細かく項目に分かれています。
そもそも子宮が音なんかするか!と言われてもまあ、しませんが。
でも男性はそこで「キュンキュン」とか「コツコツ」とか書かれたら想像力が働きまくるわけですよ。
まさに、想像力をいかにかきたてるかのための武器がオノマトペです。
よく見かけるオノマトペから、そんな表現ありかーというのまで多様なのが載っているので、ペラペラめくるだけで楽しいです。

辞典ではありますが、柱にミニコラムが載っているのもユニーク。
50年間官能小説を研究してきた著者による、時代の変遷感が出ており、これが興味深い。
「陰唇を表す官能用語では「花びら」がポピュラーで、読んでいて抵抗がないが、そのほか「肉の扉」「貝舌」「明太子」「肉羽」など、ざっと100種類は軽く超える。ひところは「焼きすぎたローストビーフ」「ワインをたらされたアワビ」など凝った表現にもよく遭遇した」
焼きすぎたローストビーフ! なにそれ美味しそうだよハラ減ったよ。
官能小説用語に関しては、同じ筆者によるこちらの『官能小説用語表現辞典』がオススメです。

こんなのも。
「お尻好きの男性が増える傾向にある。かつて巨乳好きが全盛の時期もあったが、いまはお尻派が、ぐっと優勢。お尻に圧倒される男性が多いのは、草食系男子の増加とも関係がありそう」
あー、ありそう。ようは自分から押し倒すんじゃなくて、女性にのしかかられたいっていうね。
時代が変わると官能小説の表現もかわります。くねっくねっ。

もう一つ、このオノマトペ辞典にはジュブナイルポルノは載っていないというのもポイントです。
ジュブナイルポルノ・エロラノベとは何かというと、えーとなんというか、アニメ調のイラストの入った官能小説、ですね。あれらはゼロです。
というのもこの一文からはっきりします。
「官能小説では、ペチャパイに出会った記憶を思い出すのが大変だ。おそらくこの五十年間ぐらいに読んだ官能小説のなかで、一回か、あるいは二回か……?」
ロリ物官能小説も昔はあったと思いますが、圧倒的に巨乳物が多い。加えてジュブナイルポルノは割りとペチャパイ(この表現がなんか懐かしいなあ)キャラも多いです。

「官能小説」というジャンルに特化してオノマトペをまとめたこの本、資料価値は高いです。
できればですが、「ジュブナイルポルノ」のオノマトペと、「エロマンガ」のオノマトペをまとめた本も是非読みたいです。
エロマンガは絵がある分、アクロバティックなオノマトペ多いですしね。メコリメコリとかね。
普通のマンガのオノマトペだとやはり荒木飛呂彦が群を抜くのでしょうか。メメタァ。


永田守弘 『オノマトペは面白い 官能小説の擬声語・擬態語辞典』
永田守弘 『官能小説用語表現辞典』

(たまごまご)