香川県高松市で、広く市民に結婚を誓う「市民結婚式」 - 大西市長も参列

写真拡大

フェアリー・テイルは16日、香川県高松市丸亀町壱番街前ドーム広場において「瀬戸の都・高松 市民結婚式」を人前式として行った。

高松丸亀町商店街振興組合と共同で運営し、高松市も協賛している。

この結婚式は「結婚式のある光景は地域の人々にとっても幸せなまちにつながる」という趣旨のもと、”ふるさと婚”を提唱する同社が数年前から高松丸亀町商店街振興組合と企画を進めてきたものだという。

式では、高松市として初めて「結婚証明書」を発行。

結婚する二人への祝辞とともに、大西秀人高松市長から直接授与された。

もともと「市民結婚式」は、欧米諸国では市庁舎内や町の広場などで、市長や助役、裁判所判事などが司式者となり、市民参加のもとに行われる、一般的な挙式スタイル。

広く市民に結婚を誓うことで結婚に対する責任意識が高くなり、離婚率が下がるといわれているという。

日本でも古くは見られたが、近年では婚礼行事の経済産業化・近代化が進み、ほとんど見られなくなったという。

高松市では、市民結婚式を高松ならではの”創造都市”を推進する事業として捉え、県外に出ていた市出身者等に故郷の良さを見つめなおしてもらい、Uターンなどによる定住者の増加等、地域振興につなげたいと考えているとのこと。