マセラティのエンジン音が名器ストラディヴァリウスと共通することが判明!
マセラティ エンジン音 イメージ.jpgMaserati(マセラティ ジャパン)は、このほど、マセラティモデルのエンジン音に関する科学的な分析を初めて実施しました。その結果、マセラティのエンジン加速音とヴァイオリンの名器として知られる“ストラディヴァリウス”※1 の演奏音とに主観、客観、物理評価において共通点があることが明らかになりました。



(写真は、マセラティとスラディヴァリウスの実験イメージです)
この分析のきっかけとなったのは、工業製品音の研究・デザインを手がけるサウンドデザインラボ合同会社と中央大学理工学部 音響システム研究室が共同で実施した「エンジン音快適化プロジェクト」(2012 年7 月発表※2)の「エンジン音と弦楽器の音には共通点が多い」という調査結果でした。マセラティ ジャパンでは、これまで感覚的にだけ捉えられていたマセラティのエンジンサウンドの魅力の秘密を解明するため、さらに詳細な実験を両者に依頼。分析実験は、加速音(対象モデル:「マセラティ クアトロポルテ スポーツGTS アワード・エディション」)とヴァイオリンを含む5 種類の管弦楽器について、聴音時の印象を調べる「音響心理実験(主観
評価)」、ストレス負荷と脳活性の変化を調べる「生体情報計測実験(客観評価)」、「周波数分析(物理評価)」によって行われました。また併せて、価格帯の異なる4種類のヴァイオリンについても同様の評価を行いました。この結果、マセラティの加速音とストラディヴァリウスの演奏音には、以下3つの共通点があり、これまで多くの方々から高い評価を得ている“マセラティサウンド”が、ヴァイオリンの至宝であるストラディヴァリウスと類似点があることが科学的に明らかになりました。
 
■迫力があり、創造力をかき立てる。(主観評価)
■脳を活性化させる効果がある。(客観評価)
■音響特性として、明瞭な整数次倍音※3 がある。(物理評価)
 


「クアトロポルテ スポーツ GT S アワード・エディション」エンジン.jpg実験に使われた「クアトロポルテ スポーツ GT S アワード・エディション」エンジン。


 
この結果に対し、ファブリッツィオ・カッツォーリ マセラティ ジャパン代表取締役は「このプロジェクトは、マセラティの魅力を五感を通して知っていただくための取り組みです。マセラティは、スペックだけで語れるクルマではありません。感覚に訴え、感情を揺さぶり、魂をインスパイアする――。このマセラティの数値にできない魅力を、なんとか分かりやすく証明できないものかと考えていました。今回、マセラティの魅力を語るうえで欠くことのできないエンジン音について、各方面の協力のもとに調査、分析を行いました。とても日本らしい独創的で繊細なその研究とそこから導かれた結果は、私としても驚くべきものでした。ともにイタリアから生まれたヴァイオリンの名器“ストラディヴァリウス”とマセラティが実は多くの共通点を持っていたのです。今回のプロジェクトを通じてマセラティの魅力をより多くの方に感じていただければと思います」と語っています。
 
マセラティ ジャパンは、このたび明らかになった楽器との共通性というエビデンスを、より多くの方と共有できるよう、専用サイト「Sensory Driving Project」を開設しました。マセラティエンジン音とストラディヴァリウスの音色の聴き比べをぜひお試しください。



実験風景.jpg
 実際にマセラティのエンジンを調べる実験の様子。

 
 
※1 今回の実験に使用されたヴァイオリンは、「Romanoff(ロマノフ)」(アントニオ・ストラディヴァリウス/1731 年製).です。※2 分析実験の詳細は下記ホームページをご覧ください。
http://www.sound-design-lab.com/Column/maseratisound1.html※3 倍音…基の音に対して数倍の周波数で発せられる音。倍音がバランスよく含まれていると快適な音であるといわれています。


 【問】マセラティ コールセンター 0120-965-120
 URL:http://www.maserati.co.jp/ 


■関連記事
『C 63 AMG クーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition』を20台限定販売!
ポルシェがニュー『カイエン ターボS』の予約受注を11月1日から開始
LEXUSの次世代フラッグシップ新型『LS』を発売開始!