東急ハンズの福袋、テンピュールのベッドなど33万円相当を25万円で販売

写真拡大

東急ハンズは、2013年1月1日より初売り営業を実施する。

一部店舗は2日よりの営業となる。

同店の初売りは、2013年をオトクに応援する「”ツイてる”福袋」、昭和10年代に生まれた「点取占い」、大画面ディスプレーの前に立って縁起モノに変身できる「変身!めでたモノ」などを用意。

さまざまな商品やイベントで店頭を盛り上げるという。

「ゴージャス睡眠福袋」は、人気のテンピュールリクライニングベッド「Zero-G 100」に、マットレス、マットレスカバー、クラウドピロ、ピローケースが入って、通常価格33万円相当が25万円となる。

「果物&野菜イッキ飲み!福袋」には、スムージーが手軽に作れ、容器を外してそのまま飲める「レコルト ソロブレンダー」にシリコンまな板、果物ナイフ、レシピブックが入る。

通常価格7,600円相当が5,000円で提供される。

「おうちでジブンみがき福袋」は、エステシャンのハンドマッサージのようなもみ出しケアができる「アセチノセルビー」にボディスポンジ、アロマミストローション、フェイスパック39点入り。

通常価格1万6,000円相当が1万円となる。

「点取占い」は、昭和10年代に生まれた、ちょっとシュールな内容が特徴のおみくじのような占い。

今でも多くのファンに親しまれているという。

店頭のモニターに次々と映し出される(1秒間に数枚)点取占いを携帯カメラで撮影し、撮れた画像が今年の運勢となる。

また、一部店舗では店頭に大型ディスプレーを設置し、画面の前に立つだけでだるまや招き猫などの縁起物に変身できるデジタルサイネージイベント「変身!めでたモノ」を開催する。

実施店舗は、ららぽーと豊洲店、渋谷店、新宿店、池袋店、ららぽーと横浜店、ららぽーと船橋店、梅田店、三宮店、広島店、博多店の各店。