寒そう!南極大陸でビキニ撮影のド根性モデル 写真:Splash/アフロ

写真拡大

ケイト・アプトンin 南極
雑誌の表紙で棒付きアイスキャンディーをなめたり、ヒヨコを手にしたり、そしていささかセクシーではないヘッドフォンの広告など、これまでいろんな顔を見せてきた人気モデル、ケイト・アプトン。


だが"巨大なオレオ・マン"(そんなキャラがあったとは!)と一緒にポーズをとるケイトは見たことがなかった。驚くなかれ、写真は白のビキニ姿のケイトが南極大陸で(寒さに)震えながらも撮影に臨んでいる姿。ゴシップサイト<TMZ>は氷点下の状況で撮影するケイトの独占写真を公開している。南米アルゼンチンから(撮影現場の)南極大陸へと向かう、10日間の船旅で撮られたものだ。<TMZ>は一連の写真が『Sports Illustrated』の表紙に使われる予定だとしているが、巨大なオレオのキャラクターは、ナビスコの広告のように思える。これはおそらく、南極大陸で祝うオレオ100周年と関係があるのではないだろうか?



いずれにせよ、氷点下の中ビキニで撮影に臨むケイトは、ただただ「すごい!」の一言だ。極小ビキニに満面の笑み、素晴らしいプロ意識に多額のギャラが支払われるのもうなずける。

ケイト・モス in セント・バーツ島
お次はミュージシャンの夫ジェイミー・ヒンスと共に寒いイギリスを離れ、太陽がさんさんと降り注ぐカリブ海はセント・バーツ島(サン・バルテルミー島)にやって来たケイト・モス。

今年も多忙を極めていたケイトは、複数のキャンペーンに登場し、数えきれないほどの写真撮影もこなしていた。さらに自ら手がけた本『Kate: The Kate Moss Book』も出版。最近ではパパラッチの前で転ぶアクシデントに見舞われたが、今頃はバカンスを満喫しているはずだ。

【PHOTO】ケイト・モスのビキニ姿

<おまけ>バカンスを楽しむハイジ・クラム
こちらはバカンス先のハイジ・クラム。自身のツイッターに、トップレス姿で日光浴を楽しむ写真を投稿している。

関連映像