推進リーダーに任命された大沢たかおさん(右)

写真拡大

俳優の大沢たかおさんが、大阪ガスの実施する「関西『ダブル発電家』推進計画」の推進リーダーに起用された。同キャンペーンは、家庭用燃料電池「エネファーム」と太陽光発電を組み合わせた「ダブル発電」のさらなる普及を図るもの。2013年1月から始まる。大阪市内で行われた記者会見に大沢さんも姿を現した。

「1人でもたくさんの方が発電家に」

同社は2012年1月から、天然ガスとガス事業の環境性・先進性を訴求するコンセプトワード「ガ、スマート!」を掲げ、ナビゲーターの大沢さんと共に「ダブル発電」のPRをしてきた。今回推進リーダーに任命された大沢さんは、「すごい大役をいただいて、うれしくも責任を感じています。この大役に応えるべく、大阪ガスさんと関西の方とともに頑張っていこうと思っています」と意気込みを語り、「1人でもたくさんの方が発電家になっていただくことが、社会の大きな力になると思います」とコメントした。会見は2012年12月18日に行われた。

キャンペーンの一環として2013年1月1日から新CMがオンエアされる。CM「宣言」篇は、「自分の電気は、自分でつくろう!!」と大沢さんが力強いメッセージを送る内容だ。また、1000人の「発電家」と大沢さんが共演するCMの制作も予定されている。