「風邪っぽいな……」と思った時に押したいツボ - その悩みをツボで解決!

写真拡大

整体師の大山奏です。

冬は空気が乾燥して、風邪をひきやすいですよね。

風邪はひきはじめが肝心です。

ちょっと風邪っぽいかな?と感じたらすぐに活用してほしい、呼吸器系に効くツボと解熱作用があるツボをご紹介します。

肘を曲げた時にできるしわの親指側にある「尺拓(しゃくたく)」というツボは、呼吸器系に効果があります。

左右両方にツボがあります。

親指で包み込むように押すといいでしょう。

首の後ろ側で、下を向くと出っ張る骨とその下の骨の間のくぼみにある「大椎(だいつい)」というツボは、解熱作用があります。

首を下に曲げると出っ張っている骨があるのを感じると思います。

その骨と次の骨の間、少し空間が広く開いている場所をやや強めの力で息を吐きながら押します。

どちらのツボも、風邪の予防にも効果があります。

寒気がするなと感じたら、すぐに大椎を押してみるといいかもしれません。

また、ツボは温めると効果があります。

ドライヤーの温風や使い捨てカイロを使って、ツボを温めてから指圧すると効果が高まります。

風邪の引き始めはツボだけでなく、睡眠や食事などにも気を配りましょう。

いくらツボを押しても、症状が悪化してからでは意味がありません。

水分をしっかりとりつつ、しっかり休むことが風邪の諸症状には大切です。

風邪の季節の本番はこれからです。

飲み会や年末年始の帰省など生活自体が乱れがちですが、体調を崩さないよう気をつけてくださいね。