旧北上川河口、石ノ森萬画館を背景に。左から齊藤啓太さん、松本一馬さん、沼津明日香さん、庄司太樹さん、沼倉寛人さん。

写真拡大

■ 明治のベンチャー

ソフトバンクのCMに登場する「お父さん」の声を演じる北大路欣也。11歳の孫正義少年が見たであろう1968(昭和43)年のNHK大河ドラマ「竜馬がゆく」の主役だが、北大路は東北にも縁がある。1977(昭和52)年、孫正義がUCバークレーの3年生に編入した年、北大路は東宝の大作映画「八甲田山」に出演。そして同じ年、同じ新田次郎原作の「アラスカ物語」(東宝)の主演を務めている。主人公のフランク安田は明治元年生まれ。若くしてアメリカに渡り、困窮するアラスカエスキモーを率いてビーバーの毛皮事業を成功させた明治の起業家である。

そのフランク安田の出身地が、宮城県の港町、石巻市だ。

石巻は、江戸時代に北上川の水運と江戸・大坂を繋ぐ交通の要衝として発展した。岩手県盛岡市のさらに北に源流を持つ北上川は総延長249キロメートル。東北で最も長く、日本でも4番目に長い川だ。今、石巻の市街地を曲がりながら流れ、石巻湾に注ぐ川の名は「旧北上川」。1934(昭和9)年に内務省が大規模な治水工事を完成させ、上流の登米(とめ)で川を東に曲げ「新北上川」が生まれた。新北上川は大川小学校の横を走り、三陸海岸の追波湾へと流れている。大川小は、以前は河北町という名の町の学校だった。

石巻市は「平成の大合併」によって現在の姿になった。旧石巻市と、内陸の河南(かなん)町と桃生(ものう)町、三陸海岸に面した北上町、河北町、雄勝(おがつ)町、そして半島の町・牡鹿町が合併した。合併時の人口は約17万5000人。現在は約15万2000人だが、この中には、住所変更をせずに市外に避難した人や行方不明者の数も含まれる。

宮城県石巻市は、震災で3255人の人命を失った。津波は旧北上川を8キロメートル、新北上川では15キロメートルも遡った。震災後の関連死は230人。今も458人が行方不明のままだ。

この街で「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」に参加した5人に会った。最初に話を聞かせてくれたのは、高校ではなく高等専門学校に通う3年生だ。

■飛行機を材料からつくりたい

最初に話を聞いたのは沼倉寛人(ぬまくら・ひろと)さん。仙台市の南、名取市にある国立仙台高等専門学校(生産システムデザイン工学系 マテリアル環境工学科)に通う3年生。実家は石巻の北隣の登米市。現在は学生寮で暮らしている。沼倉さん、将来何屋になりたいですか?

「自分は将来、飛行機を作りたいんです。小学校からずっと思ってて。中学生のときに『どこの高校に行けばいいんだろう?』って考えて、飛行機をほんとうに1から、材料から作りたいなと思って、仙台高専のマテリアル環境工学科に入りました。学校を出たあとは、三菱重工の名古屋にある工場に行きたいなと思ってます。自分、ちょっと厨二病っぽいんですけど(笑)、旅客機よりも戦闘機系が好きで、今、国産はほとんどもうやめちゃってて、開発中なのが心神(しんしん)っていうんですけど、自分は心神よりも、ほんとうに1からつくって、最後は自分で飛ばすっていうのが夢です」

では、取材が終わったあとで『戦闘妖精雪風』の話をしましょう。

「なぜ読んでるってわかったんですか?」

わかるのです(笑)。沼倉さんは、大学進学は考えていない?

「来年のインターンで三菱重工に行って、好印象を持ってもらって(笑)、5年生で就活。先輩も三菱に行ってるようなので、パイプはつながってるみたいです。高専から大学に行くとなると『大学院まで行かないと意味がない』って言われるんです。高専の強さは若さなんで。雇う側は若いから給料を安くできるし、しかもスキル持ってるから」

さて、沼倉さん、高専を出れば、将来就こうと思ってる仕事に必要なものは、手に入った状態になっていますか。

「ある程度は。あとは人脈ってのも大きいと思いますど。あと、俺、資格は好きで持ってるんです。これも外部単位になるし。危険物取扱者乙種4類・5類・6類と、普通自動二輪車免許持ってます。このあとまずは乙類3類を取って受験資格を満たし、甲種を取るつもりです。第二種電気工事士も受けるつもりでしたが、うまく勉強が進まなくて……。あと、受験費も高額なので、下手に落ちるわけにはいかないんです」

国家資格「危険物取扱者」は全種類の危険物を扱うことができる「甲種」と、種類別に6類に別れた「乙種」、ガソリンなどの石油類を扱う「丙種」に分かれる。資格を有することで当該危険物の取扱作業、その立ち会いをすることができる。受験料を調べてみると、国家資格の「電気工事士第二種」は9300円(インターネット受付)。学生には少ない額ではない。

「そうなんです、高いんですよ。お恥ずかしいことに自分は家族からもらったおこずかいや奨学金の一部を受験費に回しています。おそらく他の受験者は、給料やバイトなど、自分で稼いだお金で払っていると思います。なので、親のスネをかじっているガキが——ってのは、肩身が狭いんです」

沼倉さんのことばを借りれば、「TOMODACHI〜」の3週間は、「ガキ」が、今まで会ったことのない大人に——合州国で仕事をしている日本人の大人たちに——会う機会でもあった。シリコンバレーで働くエンジニア、起業家。大人との遭遇が沼倉さんにどういう影響を与えたのかが知りたかった。沼倉さん、日本に帰ってきて、学校生活で何か自分の変化を感じることはありますか。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)