現代のマヤ族、滅亡の日を一蹴

ざっくり言うと

  • マヤ文明の暦で「滅亡の日」とされる12月21日が迫り、数千人がメキシコに集結
  • 心理学者のマヤ族女性は、滅亡の日は「一時的なブーム」だと一蹴
  • メキシコ政府は最大20万人が今月21日にマヤ文明の遺跡を訪れるとみている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング