セコムが、年末年始に実施したい安全チェックのポイントを公開

写真拡大

セコムはこのほど、同社Webページにて「年末年始の安全チャックのポイント」を掲載した。

同社では年末年始を前に、12月28日〜2013年1月4日を「特別安全体制強化期間」に設定、より厳重な警戒と予防対策を講じていくとしている。

同時に、この時期に発生しやすい事故や留意したいポイントなどをまとめ、Webに掲載。

各人のいっそうの注意喚起を呼びかけている。

『防犯 CHECK POINT!』の「強盗対策」では、侵入強盗の認知件数は減少傾向にあるものの、住宅を対象とするものは全体の約2割。

これは全体の約6割を占める商店に次いで数多く発生しているため、注意が必要としている。

家屋への犯人の侵入手段のトップは、なんと「無施錠状態」、次いで「ガラス破り」となっている。

「玄関や窓の防犯対策」としては、何よりもまずは「施錠の徹底」、そして窓ガラスのチェックおよびその強化の必要性を指摘している。

『防火 CHECK POINT!』の「可燃物・不審物の取り扱い」については、出火原因のトップが放火であることから、自宅周辺に可燃物が放置されていないか点検し、不要品は早めに処分するよう促している。

そのほか、詳細は同社Webページで確認できる。