カブドットコム証券の口座開設ページ。「電子口座開設」が圧倒的に早い。

写真拡大

 日経平均が1万円を突破して勢いづいてきた株式市場。株をはじめてみたいと考える人も増えているようだが、ここでは「1日も早く株を買いたい」「すぐに取引したい!」という人にぴったりな、口座開設が早いネット証券を紹介しよう。

最短は「翌日から取引可能」

 最短なのが、「即日口座開設・翌日から取引可能」のネット証券で、カブドットコム証券、ライブスター証券、楽天証券の3社。いずれも、ネットから申し込んで本人確認書類のコピーをメールなどで送るだけで、ログインできるID、パスワードの情報をその場で手に入れることができる。口座に入金をすませれば翌日から取引が可能だ。

 申し込んだ時間によっては、翌日から取引ができない場合もあるので、各社に確認してほしい。

 ただし、このネット完結の最短方式では、使える口座は「一般口座」となり、「特定口座」を同時に開設することができない。特定口座を開設するためには、後日郵送で届く書類に必要事項を記入して証券会社に開設届けを送り返す必要がある。

 上記3社以外の多くのネット証券では、ネットから申し込んだ内容が後日郵送で届き、その内容の確認をして必要書類といっしょに証券会社に郵送することで口座開設が完了する形式をとっているところが多い。通常1週間から2週間程度で口座開設が完了する。

 ただし、この郵送の形式をとりながら、手続きのスピードを早めて最短4営業日前後で手続きが完了するネット証券もある。SBI証券(最短4営業日)、松井証券(最短4日)、マネックス証券(数日内)などだ。いずれも1週間以内で口座開設が可能なので、十分スピーディといえそうだ。

◆口座開設が早いネット証券の例
証券会社名 最短口座開設
日数
最短取引開始
日数
証券会社
情報へ
SBI証券 即日
(ログインのみ)
4営業日程度
岡三オンライン証券 1週間程度 1週間程度
カブドットコム証券 即日 翌日
GMOクリック証券 1週間程度 1週間程度
松井証券 最短4日 最短4日
マネックス証券 数日内 数日内
ライブスター証券 即日 翌日
楽天証券 1営業日 1営業日


 また、店舗を持っている証券会社では、店頭に必要書類を持ち込んで窓口で手続きをすれば、即日口座開設、取引も可能なところがある。自分が口座を開きたい証券会社に問い合わせてみてほしい。

◆最短で申し込み翌日から株式投資を始められる
初心者におすすめのネット証券はここだ!(2014年12月11日現在)

カブドット
コム証券
株式売買手数料(指値) 口座開設数 証券会社詳細 口座開設
10万円 30万円 50万円
180円 270円 360円
【口座開設のメリット】最強スクリーニングツール〜三菱UFJグループの投資情報
【関連記事】お宝銘柄をニュースに先んじて買う方法があった!【カブドットコム証券】「kabuステーション」を使え
ライブスター
証券
株式売買手数料(指値) 口座開設数 証券会社詳細 口座開設
10万円 30万円 50万円
80円 180円 180円
【口座開設のメリット】「1約定ごと」手数料が圧倒的に安い!
【関連記事】一約定ごと10万、30万、100万円で安いネット証券はどこだ?株の売買手数料を比較したらあのネット証券会社が安かった!
楽天証券 株式売買手数料(指値) 口座開設数 証券会社詳細 口座開設
10万円 30万円 50万円
139円 341円 341円 1,500,000
口座開設のメリット】投資ツールが個人投資家に大人気!
【関連記事】楽天証券おすすめのポイントはココだ!使いやすいトレードツール〜老舗定番トレードツール「MARKETSPEED」