韓国民の選択

写真拡大

韓国の国民が選択したのは女性だった。19日(2012年12月)に行われた韓国大統領選は大接戦の末、与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)氏が(60)が野党民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)氏(59)を破り、韓国で初めての女性大統領が誕生することが決まった。冷え込んでいる日韓関係はどうなるのか。

母も父も暗殺され自身も重傷…「信念曲げないカリスマ」

朴は朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の長女で、22歳のとき父を狙った凶弾で母親を失い、ファーストレディーとして父を支えたが、その父も5年後に暗殺された。1998年に国会議員に初当選したが、自身も遊説中に暴漢に襲われ顔面に重傷を負った。波乱に富んだ半生を歩み、韓国の「カリスマ」といわれ、信念を曲げない姿勢は伝統的な保守層を中心に根強い支持がある。

司会のみのもんたが聞く。「韓国の国民は何を選んだのでしょうか」

コメンテーターの北川正恭(早稲田大学大学院教授)は即座に答えた。「女性です。時代を画する出来事だと思います。韓国はひと皮むけた」

小松成美(ノンフィクション作家)は「朴槿恵さんを初めて知ったのは2004年、韓国のジャンヌ・ダルクといわれていたころでした。父母ともに暗殺され、穏やかな表情とは裏腹に壮絶な人生を背負っている。どんな大統領になるのか注目したいですね」と話す。

日本との関係について、金井辰樹(東京新聞・中日新聞政治部次長)は「次期首相の安倍(晋三)さんが官房長官時代に会談している。面識もあるので、隣国のパートナーとしてはやりやすいのではないか」と見る。北川も「選挙は場面転換のチャンスです。大人の落ち着いた関係になることを期待したい」と語る。

安倍次期首相とは因縁あるが、「親日的」と言われたくない

「8時またぎ」のコーナーでは、コリア・レポート編集長の辺真一氏がスタジオ出演した。選挙結果について「意外でしたね。投票率が75.8%で野党候補が負けるとは思っていなかった。朴氏は選挙に強いと改めて思いました。『漢江の奇跡』といわれた経済成長を成し遂げた父親への思いが、娘に乗り移った感じがしないでもない」という。

日本との関係では、朴次期大統領と安倍次期首相との因縁を指摘する。「父親が主導した経済成長をバックアップしたのが日本の経済協力で、その背後でいろいろ動いたのが安倍さんの祖父の岸信介元首相だった。娘の朴氏もそのことを承知していると思う」。だが一方で、「『親日』といわれたくないという思いがあり、竹島問題や歴史認識の問題で簡単には譲歩できない」と朴の複雑な立場を説明する。

今後を占う指標のひとつは大統領就任3日前の2013年2月22日の「竹島の日」だ。辺は「これに安倍さんはどう対応するのか、あるいは領有権をめぐる国際司法裁判所への提訴の問題、これらによって朴さんの対応も変わってくる」と解説する。

みのが念を押すように言う。「まさか、朴さんはいきなり竹島によじ登ったりしないでしょうね」

辺「それはやらないと思います。そういうスタンドプレーは控えると思います」