「プリペイド女子会」開催! イマドキ女子の”ネットショッピング事情”(後編)

写真拡大

「Vプリカ」の記事をきっかけに、ネットショッピング好きの女子が集まって開催された『プリペイド女子会』。

初会合の前編では、メンバーそれぞれのネットショッピング歴や、よく使っているサイトなどについて盛り上がった。

後編では、開催のきっかけになった「Vプリカ」について、プリペイド女子会会長の三井真実さんに詳しく教えてもらうことになった。

メンバーは、主宰者でライフカード プリペイド事業推進課の三井さん(20代)と、広報PR会社勤務の村山さん(仮名・20代)、銀行勤務の加藤さん(仮名・30代)、ITサービス会社勤務の平岡さん(仮名・20代)、ITサービス会社勤務の吉沢さん(仮名・20代)の計5人。

三井:記事を読んでいただいて概要はお分かりかと思いますが、皆さん「Vプリカ」に大変興味をお持ちということなので、ここで簡単に説明させていただきますね。

「Vプリカ」とは、インターネット上のVisa加盟店でクレジットカードと同じように使えるプリペイドカード。

アカウント開設をして、コンビニのチケット端末、クレジットカード、銀行振込(ペイジー)で購入できます。

審査が不要で、18歳以上であれば24時間365日すぐに発行されます。

Vプリカについて、「こんなときはどうする?」など知りたいことはありますか?加藤:海外のサイトや実際の店舗でも使えるんですか?三井:Visaが使える所なら世界中のサイトでOK! 「Vプリカ」はバーチャル型でカードを発行しないので、残念ながら実際の店舗では使えません。

あとは、公共料金など、毎月支払いが発生する先も一部利用はできません。

平岡:審査がないということは、誰でも持てるんですか?三井:その通り! メールアドレスさえあればアカウント開設できるし、登録時に入力するのは生年月日など最小限の情報のみ。

面倒な本人確認資料だっていらないんですよ。

カード名義はニックネームでも構わないし、目的別に複数枚持つこともできます。

平岡:それはいいですね! クレジットカードを持っていないので代引きを利用することが多いんだけど、手数料が必要だったり発送に時間がかかったりして不便なんですよね。

三井:クレジットカードを持っていない人には、とってもおすすめ。

購入金額は、3000円、5000円、10,000円、2万円、2万9000円の5種類で、金額を決めて購入できるからお金の管理もしやすいですよ〜。

村山:使いすぎる心配がないから、ムダ使い防止によさそう! 月によってバラつきはあるけど、毎月2〜3万円は使ってますから。

加藤:わかる〜! 夜中にブログなどを読んでいると、急に欲しくなったりするんですよね。

「いま頼めば週末には届く!」なんて思ったりして(笑)。

村山:スマホを使えば、寝ながらでも買えちゃいますしね。

加藤:そうそう。

スグに届けばいいんだけど、入荷待ちだったりすると忘れて同じようなものを買っちゃったり……。

PCは比較をしたりするときは見やすいけれど、時間が勝負の航空券やセール品などは外出先からでも利用できるスマホが便利ですよね。

吉沢:私は基本的にPCを使っているし慎重派だから、あまり失敗はないですね。

ただゲームを買ったりするので、情報流出事件などがあるとちょっと不安。

セキュリティはどうなってますか?三井:利用しないときはカードにロックがかけられるので、不正利用を防止できます! あとは、VISA認証サービス(3-Dセキュア)にも対応しているから本人認証が必要な利用先でも安心して使えるんです。

平岡:いまの時代、安心は大切ですよね。

ますます使ってみたくなってきた!三井:「Vプリカ」は自分で使うだけでなく、プレゼントすることもできるんですよ。