宇宙ではなぜ体が浮くの? 週刊「そーなんだ」シリーズからマンガで解説したムック本が新発売!

写真拡大

雑誌の出版事業を行うデアゴスティーニ・ジャパンは、身近な「科学の不思議」や「社会のしくみ」について、マンガで解説したテーマ別ムックシリーズ「そーなんだ! おもしろテーマシリーズ」を2013年1月22日より、全国書店(一部地域を除く)および、同社ホームページで販売する。

価格は990円(A4変型判・100ページ)。

同書は、科学編(全130号)・社会編(全100号)・歴史編(全113号)で、累計発行部数が2,700万部という週刊「そーなんだ」シリーズの中から、子どもたちが普段の生活で不思議に思う「素朴な疑問」をテーマごとに厳選している。

また、読者がテーマを選んで購入したり読んだりできるように、一冊を読み切りとして発行。

毎巻ひとつのテーマに沿って、12から15の疑問を掲載し、大人も思わず「そーなんだ!」と言ってしまうような、分かりやすい解説をしているという。

「からだの不思議」では、「どうしておなかはへるの?」「眠いとあくびが出るのはなぜ?」「オナラはどうして出るの?」「悲しいと涙が出るわけ」などを掲載。

そのほか、「なぜ宇宙では体が浮くの?」などの「宇宙のヒミツ」、「どうしてゾウの鼻は長いの?」などの「動物のヒミツ」、「古くなったお金はどうなるの?」などの「お金のしくみ」、「世界で初めて下着をつけた人はだれ?」などの「なんでもはじまりストーリー」が出版される。

なお、今後は定番シリーズとして、順次ラインアップを増やす予定とのこと。