頭髪治療専門の城西クリニック(東京・新宿)の小林一広院長は精神科出身。治療前に1時間ほど患者の悩みに耳を傾けることも

写真拡大


会社の後輩の女の子が、自分の頭の上を見ている気がする。取引先にあいさつしたとき、頭頂部に視線が行っているようだ。心ない職場の先輩社員から「お前、最近ここ危なくなってるんじゃないか?」とからかわれた――。

そんなことがきっかけで、風呂場で抜けた頭髪の本数を数えなければ気がすまなくなった。髪の毛にいいと言われる海藻を食べたり、シャンプーや整髪料に凝ってみたり、ブラシで頭皮を激しく叩いてみたり…。そんな20〜30代のサラリーマンが増えている。


頭髪を気にしすぎて生活全体が陥る悪循環


薄毛の原因は、いわゆる「男性型脱毛症(AGA)」の場合が多いが、それでも全体の3割ほどは医学的に見ると健常毛の可能性があるという。


事実に反して「自分はハゲている」と思い込み、そのために消極的な生活を送っているとしたら、かなり気の毒なことである。


こうならないためにも、髪に関する正しい知識を持っておきたい。月5500人もの患者が訪れる頭髪治療専門の城西クリニック(東京・新宿)の小林一広院長によると、AGAの原因は「遺伝」「男性ホルモン」「ストレス」「生活習慣(食事・喫煙・睡眠不足など)」の4つの要素が複合的に組み合わさったものだという。


簡単に言うと、体毛を濃くする男性ホルモンのテストステロンが、毛母細胞の中で脱毛をうながすホルモンに変化し、髪が太く長く成長することを妨げる。それが原因で、成長前に毛が抜けてしまったり、うぶ毛のような細い毛にしかならなくなってしまう。


男性ホルモンの分泌や毛母細胞への作用には、遺伝が関係しているが、ストレスや生活によっても悪い影響が生じる。これがどう組み合わさっているかは人によって異なり、医学的には「こうすれば必ず髪が生える」という方法はない。


精神科出身の小林院長は、「医学的な治療をしながら、心身ともに健康であることを心がけること」を勧める。


「専門医に抜け毛を抑制する飲み薬と、髪の成長を早める塗り薬を処方してもらい、頭皮のケアに心がけることが欠かせません。そのうえで、『心身ともに健康』であることを心がけるべきです。あなたが思っているほど、周囲はあなたを見ていない。思っているほど薄くない。気にしすぎることで生活全体がかえって悪循環になる、と助言することが少なくありません」

治療によって毛髪の状態が改善したり、抜け毛のスピードを抑えることができる。費用は、頭部撮影と診察、30日分の薬代込みで月に最大で3万円ほど。6か月の治療で効果が確認でき、1年〜1年半で「回復」までこぎつける。


6カ月で効果がない場合、治療の打ち切りを提案する場合もある。効果が現れない治療に多額の費用を何年間も支払うのは「医学的には考えられないこと」だという。


年2回の抜け毛の季節には「勘違い」に注意


治療の最大の難しさは、患者によって「治療に対する満足度」が大きく違うことだ。少しの改善でも大喜びで帰る人と、ほぼ健常毛なのに落胆して帰る人がいる。ゴールの定義を一律にできない難しさがある。


「満足度」が高い患者の場合、生活全体に及ぼす影響は大きい。


「治療の効果が見えてくると、外に飲みに出かけるようになり、ついに合コンに参加できたと喜ぶ人もいました。それを機に、スポーツジムでストレスを解消したり、買い物に行っておしゃれをしたり、規則正しい生活をすることで健康になれば、ますます『髪にとってよい生活』になりますね」

抜け毛を考える上で知っておきたいのは、人間にも「抜け毛の季節」があることだ。初夏の4〜5月頃と晩秋の9〜10月頃には、髪の毛が普段より多く抜けることがある。それをきっかけに「ついに来た!」と神経質になる人がいるが、一時的なものである場合もある。


薄毛で来院後に健常毛と診断される人は、10代では6割、20代でも4割にのぼる。小林院長のもとには、「自分の髪は醜い」と気に病みすぎて精神疾患に近い状態で来院する人もおり、必要に応じてカウンセリングを行ったり精神安定剤を処方したりすることもある。ここが皮膚科や形成外科だけを専門とする他院と違うところだ。


不確かな情報を元にしたせいで、海藻ばかり食べて体調を崩したり、過度のマッサージで頭皮がボロボロになって来院する人も少なくない。この場合には「悪い習慣をやめさせること」から治療が始まる。民間療法の前に、医学的な診断が大事だという所以だ。