東京都お台場に、ハワイアンフード・ガーリックシュリンプ専門店オープン

写真拡大

東京都・お台場の商業施設「デックス東京ビーチ」(東京都港区台場1-6-1)は11月30日、ハワイのガーリックシュリンプ専門店「BLUE Water Shrimp(ブルーウオーターシュリンプ)」を、同館3Fアイランドモールにオープンした。

同店の出店は都内では初めて。

また、国内では横浜店に次ぐ2店舗目となる。

「ガーリックシュリンプ」とは、大ぶりのエビをガーリックソースでじっくり炒めた、ハワイを代表するロコフード(ローカルフード)のこと。

同店では、大ぶりのエビを殻付きのまま炒め、3時間以上煮込んだローストガーリックを使用した、香ばしいソースを絡めている。

ハワイの現地店舗の味をそのままに再現した「オリジナルテイスト」には、フレッシュクリームとトマトのソースを使用。

スパイシーな味付けのチリソースをかけた「ドライテイスト」と、フライドポテトの上に特製ガーリックバターをのせた「ガーリックポテト」は、日本限定のメニューとなっている。

そのほか、ライスを濃厚なソースにしっかりと絡めて食べる「ガーリックシュリンプ プレート」や、フライドポテトなども提供。

価格は、「ガーリックシュリンプ(単品)」が、7ピース680円、10ピース950円、「ガーリックシュリンプ プレート」が7ピース880円、10ピース1,150円、「ガーリックポテト」が380円、「フライドポテト」が230円となっている。

営業時間は、11時から21時(ラストオーダー20時30分)まで。

なお、全ての商品がテークアウト可能とのこと。