フィリピンの人にとってXmasは特別! 「クリスマス送金」について聞きました!

写真拡大

カトリック教徒が多く信仰心が厚いことで知られるフィリピン人。

日本に住むフィリピンの人達も、12月はいろいろな場所でXmas Partyを楽しんでいる。

今回は12月9日に500名近くのフィリピン人が集まる大きなイベントがあると聞き、母国でのクリスマスの過ごし方を取材させてもらった。

12月9日に開かれたイベントは、「2012 Job Fair & Xmas Party! in TOKYO」(主催 : IPS(在日フィリピン人向けメディア最大手)」。

第一部は求人ブースなどが設けられた「Job Fair」、第二部は「Xmas Party(コンサート)」となっていた。

そこで筆者は、「Job Fair」会場に設けられた「セブン銀行海外送金サービス」のブースに訪れたフィリピン人の方々に、フィリピンでのクリスマスについて聞いてみることにした。

最初に取材に応じてくれたのはササキさん。

日本人と結婚し、日本にはもう15年くらい住んでいるという。

フィリピンでのクリスマスの過ごし方は、「たとえどんなに喧嘩をしていても、家族全員で集まりパーティーをします」(ササキさん)。

パーティーでの食べ物は、スパゲティやココナッツサラダ、丸ごとのローストチキンなど。

これらを家族全員で作る。

ササキさんは兄弟が6人いて、そのうち3人がフィリピン在住。

パーティーはその3人と子ども達、兄弟らの友達ら、大人数で開く。

パーティーでは互いにプレゼントをするが、ササキさんはプレゼントではなく、毎年お金を送っている。

これまでは横浜の海外送金ができる窓口などで送金していたが、今回のイベントでのセブン銀行ブースで、口座開設の申込みと同時に海外送金サービスを申し込んだという。

「これからセブン銀行ATMで24時間いつでもお金を送れるようになるので便利。

とっても楽しみです」と話していた。

次に取材に応じてくれたのは、モトヤマさん。

モトヤマさんの家族のクリスマスの過ごし方は、12月24日午後12時ごろまで教会のミサに出席し、ミサが終わって25日になってから朝までパーティーを楽しむという。

パーティーの食べ物は、24日昼ごろから用意。

スパゲティー、レチョン(豚の丸焼き)などで、ビールやワインなどを楽しむ。

モトヤマさんは毎年スカイプで話しながらパーティーに参加するというが、今年はクリスマス後の12月27日に10年ぶりに故郷に帰るという。

モトヤマさんも毎年「クリスマス送金」を行っている。

フィリピンではクリスマスは「こどもの日」でもあるといい、親戚の子どもだけでなく、他人でも親しい「セカンドファミリー」の子どもたちにも、日本ではお年玉に当たるようなお金を送っているという。

「だからクリスマスには特別お金がかかるんですよ(笑)」(モトヤマさん)。

セブン銀行の海外送金サービスはすでに利用しているといい、今回は、送り先の追加の手続きをセブン銀行のブースで行った。

それまでは上野の海外送金ができる窓口まで出かけて送っていたといい、「やはりセブン銀行ATMで送れるのは便利。

10分くらいで送れるからね」(モトヤマさん)。

今年はモトヤマさんが10年ぶりに帰るということで、家族が家のペイントを塗りなおしているというが、「そのお金も送ったんです(笑)」。

家族思いのモトヤマさんは、久しぶりの帰郷が本当に楽しみといった感じだった。

息子さんと取材に応じていただいたのは、日本に住んで30年というシルバさん。

クリスマスは、家族20人ほどで、スパゲティーやケーキなどを食べたり、踊ったりして朝まですごすという。

毎年フィリピンに住む娘さんに「クリスマス送金」をしているが、お金を送るのは、クリスマス以外にも、誕生日や病気などの緊急時にも送る。

今回セブン銀行の海外送金サービスに申し込んだのは、「早くてすぐ受け取れるのと、手数料が安いからです」(シルバさん)。