納豆で乾燥対策! 肌あれに効く食材4つ - キッチンで作れる美容アイテム

写真拡大

寒さが厳しくなり、乾燥肌や肌あれに悩まされている人も多いのではないでしょうか。

肌の乾燥が進むと肌があれやすくなり、化粧品がしみるなど、様々なトラブルを引き起こします。

薬用化粧品にも使われている成分や、民間療法でも使われている食材を使って、乾燥による肌あれを解消する方法を4つ紹介します。

■その1 バターで手あれを解消バターを室温に戻したら、手指全体にすりこむようになじませます。

塗りにくい場合は、湯せんにかけて溶かしてしまってもかまいません。

かかとケアにも使えます。

バターには肌を保護するビタミンAが豊富に含まれているので、肌あれには効果的。

有塩バターやマーガリンでもかまいませんが、添加物等の入っていない無塩バターがオススメです。

■その2 ダメージヘアにも使える、アボカドパック熟したアボカドをフォークなどでつぶし、顔全体につけます。

塗りにくい時には、小麦粉を加えて調整してください。

5分ほどたったらふきとり、軽く洗い流します。

アボカドは、薬用ハンドクリームにも配合されているビタミンEが豊富な食材。

しっとりと肌にうるおいを与えながら、皮膚を保護してくれます。

アボカドパックは、ヘアトリートメントとして使っても効果的です。

■その3 納豆のネバネバが美肌をつくる!納豆を食べた後のパックに水を入れ、ネバネバを溶かします。

それを肌につけ、数分たったら洗い流してください。

ネバネバの正体であるポリグルタミン酸という成分は、肌本来の保湿機能を取り戻してくれます。

ちょっとニオイは気になりますが、驚くほどスベスベ肌に生まれ変わるでしょう。

■その4 なめても安心! はちみつでリップケアくちびるにはちみつを塗るだけでOKです。

皮がむけるほどあれてしまった場合は、その上にラップをつけて数分置くと効果的。

ぷるぷるした魅力的なくちびるへと導きます。

はちみつは昔から、やけどや傷を治す薬として使われてきました。

食品なので口に入っても問題ありませんが、乳児には決して使わないでください。

肌を健康な状態に整えるには、水分だけでなく、油分もしっかり補うことが重要です。

毎日きちんと保湿ケアを行うことが、美肌への近道といえます。

身近な食材を利用して、すべすべ肌を手に入れましょう。