三菱自動車に国交省が厳重注意

ざっくり言うと

  • 国交省は、リコールを決めるまでの対応が消極的だったとして三菱自動車に厳重注意
  • リコール対象車は計約176万台で国内過去最多
  • さらに同社の担当者は、不具合情報を理解しないまま、事実と異なる報告をしていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング