待たせたな!FINAL FANTASY×メタルギア「究極のキャラ弁」完成披露贈呈式レポート

2012年12月18日、『FINAL FANTASY』と『METAL GEAR』の生誕25周年を記念して、ソニー・コンピュータエンタテインメントで「究極のキャラ弁」完成披露贈呈式が行われた。
今回のイベントは、生誕25周年を迎えた『FINAL FANTASY』と『METAL GEAR』の功績と感謝の意を称して行われた。
ファンの意見も取り入れ、ゲームの名シーンや人気キャラクターを使った「キャラ弁」を作って、『PS3(R)』型のお重箱に入れて制作スタッフに贈ろうというものだ。

【関連:半土産屋、半武器屋、世にも珍しい山海堂武器屋をレポート】
 
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのプレジデントの河野弘氏と、ゲストの、スクウェア・エニックスのプロデューサーの北瀬佳範氏、コナミデジタルエンタテインメントの小島秀夫監督とアートディレクターの新川洋司氏が登壇した。

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのプレジデントの河野弘氏コナミデジタルエンタテインメントの小島秀夫監督コナミデジタルエンタテインメントのアートディレクターの新川洋司氏

『FINAL FANTASY』は、1987年の発売以来、全世界で累計1億本以上の出荷を達成している超人気RPGシリーズだ。最先端の映像技術や、独特の世界観や、豊なストーリー性で世界中から高い評価を得ている。
『METAL GEAR』も『FINAL FANTASY』と同じく1987年の発売で、累計販売本数が3280万本以上を記録する超人気アクションゲームシリーズだ。戦闘を避け、敵に見つからないように潜入するというステルスゲームのジャンルの元祖で、一般的なアクションゲームとは逆転の発想から生まれた革新的なゲーム性をもつ作品である。

まず、河野弘氏からの挨拶があり、ゲストの3人が登壇した。
小島監督が、「キャラ弁ですが、いつも、おかんが美味しいお弁当を作ってくれなかったので、期待している」と笑いを誘った。

そして、公募から抜粋されたファンからの想いやクリエーターに対する感謝のメッセージが発表された。
ファンの声に対して、北瀬氏は、「とても嬉しい。ゲームは、人の人生を背負っている。人の生き方や考え方に影響を与える。作品に対する責任感が必要だと思った」と語った。小島監督は「非常に嬉しい」。新川氏は「『METAL GEAR』を長い間プレイし続けてくれたんだなと。これからもがんばる」と語った。

それから、『PlayStation(R) 3』型の漆塗りの重箱が河野氏からゲストに手渡され、「究極のキャラ弁」がお披露目された。

「究極のキャラ弁」のお重は、木工職人が技とレーザー加工により本物を限りなく再現し、京都の職人が漆塗りを施した超豪華版。
中身も豪華で、『お米日本一コンテスト』で優秀賞に輝いた「土佐 天空の郷 ヒノヒカリ」や今回のためのブレンド米や、1個500円の卵の「輝」を使用して作られた。

『PlayStation(R) 3』型の漆塗りの重箱が河野氏からゲストに手渡され、「究極のキャラ弁」がお披露目弁当箱を見て感心するお三方ファイナルファンタジー弁当を開封した場面
キャラ弁を覗き込むお三方メタルギア弁当の完成度の高さに驚く河野氏キャラ弁を覗き込みその完成度に感心する小島氏と新川氏

なにより、リアルすぎるこの「究極のキャラ弁」のクオリティの高さに舌を巻く。

北瀬氏は「クオリティが高い」と、驚いた様子だった。
小島監督は「こんなキャラ弁は見たことがない。共食いだ。蝋人形館みたい」と、驚きながらもユーモアを交えて言った。
新川氏は「良くできている。このままフィギアにしてもいい。ここまで凄いとは思わなかった」と、驚きの声を上げた。

究極のキャラ弁究極のキャラ弁

最後に、「今日初めて見たけどすごい良い感じ。皆さんに喜んでいただけて本当に良かった。こだわりを形にした。お祝いになったと思う。ユーザーさんの気持ちも嬉しい。25周年だが、30年40年とずっと続けていきたい。継続することに価値がある」と締め括った。

そして、近況について、「生誕25周年を記念して、「ゲームアーカイブス」で配信中の『ファイナルファンタジー』シリーズ全タイトルの半額キャンペーンを実施しています。この機会に過去のFFを復習してほしい」「2013年2月21日に『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』が発売予定です。このキャラ弁にも負けない仕掛けがある」と伝えた。

究極のキャラ弁究極のキャラ弁究極のキャラ弁究極のキャラ弁
究極のキャラ弁究極のキャラ弁究極のキャラ弁究極のキャラ弁

(取材:川上竜之介)