点滴切断の病院 患者の骨折放置

ざっくり言うと

  • 大阪府の病院で、入院患者の点滴チューブが何者かに切断される事件
  • 当時神経難病で入院中の別の女性患者が左腕を骨折していたことがわかった
  • 複数の職員が女性の腕の異変に気付きながら、1週間放置していたことも判明
  • 院長が19日、、「虐待とは考えていないが、伝達ミスで治療が遅れた」と謝罪

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング