インドネシアは赤道をまたいで1万8000もの島々に2億3000万人以上のひとびとが暮らす海洋国家で、公用語はインドネシア語ですが、およそ300もの民族が600ちかい言語を使っています。15世紀までは中国とインドの中継貿易で栄え、無数の王国が興亡を繰り返してきましたが、16世紀にオランダに征服され、それ以来300年間の植民地支配に苦しむことになります。

 インドネシア独立は第二次世界大戦後の1949年で、歴史も文化も異なるひとたちが、オランダとの独立戦争をたたかったという経験だけでヴァーチャルな国民(想像の共同体)を生み出しました。とはいえ、多民族社会が近代国家としてのまとまりを維持するためには軍政に頼るしかなく、1968年から30年間、元陸軍司令官のスハルトによる独裁が続きます。

 1997年のアジア通貨危機はインドネシアを直撃し、通貨ルピアは暴落し、翌年には激しいインフレによって全国で大規模な暴動を引き起こしてスハルト政権は崩壊します。このときは専門家すらも、インドネシアは収拾のつかない混乱のなかでばらばらに解体してしまうだろうと予想しました。

 ところがその後、インドネシアの政治は大きく生まれ変わります。危機から6年後の2004年、史上初の大統領直接選挙でユドヨノが当選し、市民によって選ばれた指導者が国を率いる民主国家として再出発することになったのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)