京都府・京都造形芸術大学が、ネットだけで卒業できる芸術教養学科を新設!

写真拡大

京都市左京区の京都造形芸術大学はこのほど、「芸術教養学科」を通信教育課程に新設。

2013年4月より授業を開始する。

同学科は、「手のひら芸大」を通称として、卒業までのすべての課程をスマートフォンやタブレット端末によるインターネット学習に特化した通信教育学科。

近年急速に進むスマートフォンやタブレット端末の普及に合わせ、まとまった時間が取れない社会人が、自宅、通勤途中などで芸術を学び、仕事やくらしをより豊かにしてもらうことを目的に開発されたものだという。

「総合教育科目(一般教養)」「学部共通専門教育科目」「学科専門教育科目」の3つの科目群に、全71科目135単位を用意。

1本あたり3〜5分の動画教材を1科目あたり75本視聴してレポートを提出する「Webスクーリング科目」と、電子テキストで学習し、レポート提出と単位修得試験の受験で単位取得をする「Webテキスト科目」の2種類の履修方法をベースに、すべての課程をスマートフォンやタブレット端末で履修できる。

募集定員は460名。

大学入学資格保有者を対象にした芸術学部正規課程で、卒業と同時に学士(芸術)の学位を取得できる。

年間授業料は17万円。

初年度は入学金3万円および入学選考料2万円が別途必要となる。

前期募集期間は2013年2月1日10時〜4月15日5時。

授業開始は2013年4月1日10時。

無料体験講座への参加など詳細は「手のひら芸大 公式ページ」で閲覧できる。