昔の女が忘れられない男の心理とは

写真拡大

性格の不一致や忙しさによるすれ違い、価値観のズレなどを理由に、男女は離れて行きます。

もう付き合うことも、会うことすらないかもしれないと別れたにもかかわらず、数年後に去来するあの頃の彼女への思い。

なぜ男性は復縁を望むのか。

その理由を、チャネラーで恋愛カウンセラーのHirokoさんに解説していただきます。

一番多いのがこのパターンですね。

昔は女性にも不自由していなかったが、時がたち、いつの間にか一人ぼっちになっている自分に気付く。

そこで思い出すのが10年以上も前に付き合っていた彼女。

身勝手な自分を献身的に支えてくれただけに、今でもきっと自分のことが忘れられないだろうと思う訳ですね。

そんな彼女には、10年もたてばもっとすてきな男性が見付かっているのは当然。

でも男性の場合、ほれられていたというメモリーがそのときの時間軸のままで温存されていることが少なくありません。

「相手にはもう結婚相手がいて縁が切れている」と、私がチャネリングして受け取ったメッセージを伝えても、聞く耳を持ってはくれないのです。

「やはり元カノが自分の運命の相手だった」と、今更ながら気付くというパターン。

一人の女性と長く付き合っていると、まったくタイプの違う女性にときめいてしまうこともあります。

でも結局、気をつかわず片意地をはらずに一緒にいられる相手がいい。

ネコ科の女性に振り回され疲労困憊。

やっぱり従順なイヌ科の元カノの方が落ち着くというケースは、意外と多い復縁希望パターンのひとつです。

元カノの精神不安定な言動に悩まされて別れたはずなのに、普通の彼女と付き合うほど、元のダメカノのことが気になり、復縁したいという意志が芽生えるパターン。

「今の彼女は俺がいなくてもしっかりやっていく。

だけど元カノは自分がいないと生きていけない」と思ってしまうようです。

そしてこの場合、ほとんど絶対復縁となり、悩みながら交際し結婚。

もう逃げることはできません。

やっぱり男性は、弱い女性に惹かれるようですね。

同窓会などで元カノに会った時、自分と付き合っていた頃よりも数段美しくなっていた姿を目の当たりにする。

再びときめきを覚えた男性が、自分の恋愛が中だるみ状態になった時に再アタックするというよくあるパターン。

「なんで別れたの? まだ彼女がフリーならまた付き合いなよ、絶対お似合いだって! 」という周囲の声に惑わされ、いつの間にか自分も「そうだ、俺は彼女が好きだったに違いない! 」と思ってしまうマインドコントロールパターン。

自分がないというか、超受け身というか、周りの意見に自分の運命をゆだねてしまう意志の弱い男性にありがちです。

何でも自分の都合のいいように捉える、男性の本質的な部分があらわれた相談が多いように感じます。

勢いに任せるのではなく、冷静な判断ができるようになってから行動に移すべきでしょうね。

Hiroko(ヒロコ)チャネラー。

願望成就師。

恋愛カウンセラーとして、電話相談・占い(Hiroko's fortunetelling)を行う。

これまでの相談件数は、優に1万件を超える。

独自の復縁法が詰まった著書「復縁の女神が教える もう一度あの彼を手に入れる方法」(WAVE出版)をこの秋発売。

元カレ、元カノとやり直せると評判になっている。