物流手段を持たない物流会社日本コンセプト(9386)の異色経営とは?物流会社で1人当たり売上高、1人当たり営業利益、売上高営業利益率でトップを独占。

写真拡大

 物流手段を持っていない物流会社だ。

 物流サービス中堅の日本コンセプト(NICHICON,9386)が手掛けるのが、液体貨物の国内・国際物流だ。

 発火性の化学物質など危険な液体を運ぶプロフェッショナルとして1994年に創業。それからわずか8年、2012年10月に大阪証券取引所のジャスダック市場へ上場を果たした。

 日本コンセプトの最大の武器であり、強味が「タンクコンテナ」を活用した液体輸送だ。

 タンクコンテナとは、どのようなものか。

発火性の化学液体貨物を運ぶ
タンクコンテナとは

 上記写真がタンクコンテナ。国際標準の危険品液体貨物の輸送手段で、大きさは長さ約6メートル、高さ2.6メートル、内容量は2万4000リットル程度のステンレス製だ。

 その特徴は筒状のタンクを、鉄製の枠を囲って、完全に固定していること。これにより幾重に重ねて保管することも、通常のコンテナのようにトラックにそのまま積載して運ぶことができる。

 日本コンセプトの京浜支店(神奈川県川崎市)は、多摩川の対岸に羽田空港を望む地に1万5000平方メートル(約4500坪)の広大な面積を持つ。ここで実稼働中のタンクコンテナは700基あまりで、国内では最大級だ。

 ところで、化学物質などの大量かつさまざまな種類の液体を、安全かつ効率的に運ぶにはどうすればよいか。

 身近な例ではドラム缶に入れて運んだり、もしくはタンクローリー車はタンカーなどに積載するケースが思い浮かぶ。

 だが、ドラム缶もタンクローリー車も、実はとても不便極まりない代物なのだ。なぜか?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)