ナオト・インティライミさんが飛び出す

写真拡大

歌手のナオト・インティライミさんが、3Dで浮き出て受験生応援ソングを歌う。そんなAR(拡張現実)付きの「キットカット」がネスレから発売された。楽曲を制作したナオトさんは、2011年の全国高校サッカー選手権に応援ソングを提供しており、2012年の紅白歌合戦に初出場することでも知られる。ナオトさんは受験生に向けて「この冬、頑張って頑張ってやってきている受験生のみんな、ちゃんと春が来るから、いま頑張ろう!」とメッセージを送っている。

スマートフォンをパッケージにかざして再生

「キットカット」は「きっと勝つ」という言葉にかけて、受験の験担ぎとして人気のあるチョコレート菓子。2002年ごろから、このことが受験生の間に口コミで広がり始め、最近では受験生が試験会場に持参したり、家族や友人が応援メッセージを添えて贈ったりもする。

ネスレでは、これを受けて受験生を応援する商品を毎年販売しており、今回の商品では、ナオトさんが書き下ろした受験生応援ソングが楽しめる。無料の専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを該当商品のパッケージにかざすと、受験生応援ソングを歌うナオトさんがパッケージ上に飛び出し、3Dの桜のもと歌いだす。

ナオトさんは応援ソングについて、

「今はキツイけれども、頑張れば春がくる。自分なりのキャンバスに自由に絵を描ける。受験生のみんなにそんな日が来るという想いを言葉に紡いで、『キットカット受験生応援ソング』を制作しました」

と語っている。

AR機能を利用できるのは、「ネスレ キットカット ミニ 受験メッセージパック」(15枚入り525円/3枚入り105円)と「ネスレ キットカット ミニ 紅白パック」(14枚入り525円)。「受験メッセージパック」には、「強い気持ちで自信を持って」などチョコレートに応援メッセージが刻印されており、「紅白パック」はパッケージにメッセージを書き込める。2012年12月17日に発売され、AR機能は2013年3月31日まで利用できる。