宮崎県の神話ロマンを感じる旅「宮崎・西都コース」がリニューアル

写真拡大

宮崎県の「宮交観光(宮崎交通旅行部)」では、「古事記」編さん1300周年の今年、「古事記編さん1300年記念バスツアー〜神話ロマンを感じる旅〜」を「日向・高千穂コース」と「宮崎・西都コース」の2つのプランで実施してきたが、2013年1月5日より「宮崎・西都コース」についてはリニューアルして、新たにスタートする。

「宮崎・西都コース」は、宮崎の神話を再確認するためにその舞台であるみそぎ池、西都市・西都原の記紀の道、初代天皇である神武天皇縁の宮崎神宮を神話観光ボランティアがガイドするというもの。

今回のリニューアルされたプランでは、観光内容はこれまで通り。

料金も1,300円とこれまでと同じで、昼食付きとなる。

昼食は西米良村の平成の桃源郷として知られる「おがわ作小屋」の「おがわ四季御膳」で、テレビなどでも紹介されたメニュー。

また、昼食時には、西米良民話語り部による神話も楽しめる。

なお、「日向・高千穂コース」については、これまで通り、神話観光ボランティアのガイドのもと、高千穂町と日向のお伊勢さんとして知られる「大御神社」などを巡る。

高千穂町は宮崎を代表する観光地であり、ニニギノミコトが初めて地上に降り立った天孫降臨の地であるといわれる。

また、アマテラスオオミカミの岩戸神話も伝えられる神話ゆかりの地だ。

なお、同コースは片道での利用も可能で、片道の場合も料金は1,300円となる。

いずれのコースも催行日は1月から3月までの土曜、日曜、祝日の予定。

詳しくは宮交観光で確認を。