愛知県犬山市の日本モンキーセンターで、「たき火にあたるサル」に会える

写真拡大

愛知県犬山市の日本モンキーセンターでは、12月21日から2013年2月28日にかけて、冬の恒例行事の「たき火にあたるサル」を開催する。

「たき火にあたるサル」は、1959年の伊勢湾台風の年から半世紀以上の伝統をもつ行事。

台風で倒れた木などの残がいを、旧犬山野猿公苑(1957〜1997)の職員が処分を兼ねて暖を取るためにたき火をしたところ、少しずつサルが集まってきたことが始まりだという。

世界で唯一、火を全く恐れずに大きなたき火で暖をとるサルたちの姿を見ることができる。

たき火にあたるサルは、世界中で同園だけが飼育展示する世界遺産のサル「ヤクニホンザル」。

約150頭が同園のモンキーバレイで暮らしている。

屋久島では生息数が減りつつあるが、同園では昭和32年以来、9世代にわたって飼育。

好奇心が強く、雪だんごやアイススケートなど、次々に新しいことを編み出す貴重な種であるとのこと。

今年も12月21日の冬至から2月28日まで開催。

14時からの「ほかほかおイモタイム」では、サルたちにたき火で焼いたいもを配る。

人間のようなしぐさで、焼きたてのサツマイモをほおばるサルの姿は必見。

使用するサツマイモは、和菓子の材料にもなるナルトキントキなどの高級サツマイモだという。

また、来場者にも、ふかしたてのサツマイモを無料で配布する。

「たき火にあたるサル」は同園モンキーバレイにて、11時30分〜14時まで開催。

ほかほかおイモタイムは14時からで、サツマイモは十分用意しているが、なくなり次第終了となる。

2月28までの休園日(12月31日、2月13日)を除く毎日実施する。

同園入園料は大人(中学生以上)1,600円、子ども(2歳以上)800円。

日本モンキーパーク(遊園地)との共通入園券となる。

なお、遊園地が休園の場合は「動物園スペシャルDAY!」として、入園料が大人600円、子ども300円となる。

詳細は日本モンキーセンター公式サイトを参照。

日本モンキーセンター(動物取扱業)は、愛知県犬山市大字犬山字官林26番地。

業種:展示 動尾第510号 登録:平成19年5月31日、有効:平成29年5月30日 取扱責任者:加藤 章