海外恋愛事情 (5) 婚活がない国、熾烈な国

写真拡大

パーティーやツアーもの、地域密着型の街コンなど、いまや婚活花盛りの日本。

多岐にわたる婚活がありますが、これって日本特有のものなのでしょうか。

そもそも外国では婚活は行われているのでしょうか。

外国人20人に、母国で行われている婚活について聞いてみました。

・婚活はあります。

結婚式に出席して、出席者の中でいい人を探したり、新聞や雑誌に自分を紹介する記事を掲載して相手を探します (エジプト/男性/40代後半)日本でも結婚式の2次会で意気投合したという話を聞くことがあります。

結婚式は普段よりおしゃれをしている上に、新郎新婦の幸せラブラブムードも後押ししてくれるなど、婚活にはうってつけの場かもしれませんね。

新聞や雑誌を利用するのはあまり日本では聞かない手段ですね。

・専門の仲介所に行って登録します。

いろんなパーティーに参加できますが、高額な仲介手数料を取られます (中国/女性/30代後半)・婚活はあります。

親と親の話し合いで決めるとか、友達の紹介などです (タイ/女性/30代後半)親同士の話し合いと聞いて「いいなずけ」を連想しました。

日本でも昔は多かったようですが、今はあまり聞きません。

中国では高額な仲介手数料がとられるとのことですが、足元を見られてる感はあるものの、成果があるのなら飛びついてしまいそうです。

・ウズベキスタンでは、どの国よりも婚活は激しいと思う。

娘のいる家庭では、16〜17歳から始まる婚活のために、子供の頃から準備しています。

息子の場合は特に準備はしませんが、結婚の時期がきたら適した女性を探し始めます。

女性を見つけたら、女性の家族に会いに行き、その女性は何ができるか、どのような家族なのかを全部調べます。

いい女性と判断した場合は、息子とデートさせます (ウズベキスタン/女性/20代後半)つまり、女性は「いい女性」として認められるために幼い頃から自分を磨くということですね。

いわゆる花嫁修業が子供時代から始まるとは、女の子のいる家庭は大変ですね。

・あまり婚活はしません。

みんな婚活とは考えておらず、自然にどこかで相手がみつかります (スペイン/男性/30代前半)・婚活はない。

好きな人とずっと一緒にいたいから結婚するのであって、結婚する為に好きになるのではないから (イギリス/男性/20代前半)・日本人のような結婚へのある種特殊な憧れはあまりないので、婚活なんていうものもあまりありません。

辞書で調べてもそれに当たるイタリア語は見当たりません。

あったとしても、私はあまり聞いたことがありません。

向こうの人は積極的でストレートなので、普通に相手を探せばいつか見つかると思います (イタリア/男性/30代前半)自然な出会いやストレートなアプローチですぐに相手が見つかるのであれば、確かに婚活は必要なさそうです。

幼いころから花嫁修業にはげむ国から、特に婚活はないという国まで出揃いました。

気になったのは、日本人は結婚にこだわりすぎという意見。

好きな人と出会い、恋をすることがまず最初で、ずっと一緒にいたければ結婚すればいいという意見に納得でした。

みなさんはどう思いましたか。

(文・アリウープ おーた)