福岡県福岡市が飲酒運転撲滅のため、芸人・鉄拳による漫画CMを制作

写真拡大

福岡県福岡市では、飲酒運転の撲滅(ゼロ)をめざし、飲酒の機会が増えるこの年末年始に合わせ、「飲酒運転撲滅キャンペーン」を実施する。

同市ではこのキャンペーンの中心として、12月19日から、飲酒運転撲滅のキャンペーンCMを在福民放5局でオンエア。

CMには、お笑い芸人・鉄拳さんが描くパラパラ漫画を使用している。

CMは、飲酒運転がもたらす悲惨な状況を伝えたいとの思いで作られた。

CMを見たあと、それぞれが飲酒運転撲滅について考えるきっかけになるようなメッセージが込められているという。

同市ホームページやTジョイ博多でのシネアド(映画館で流すコマーシャル)など、さまざまなメディアも活用し、広く飲酒運転撲滅を訴えていく。

また、キャンペーンCMのWEBバージョンは、同市ホームページで12月19日午前0時より公開する。

ほかにも、12月末頃に読売新聞朝刊福岡版15段フルカラー広告、天神地区、博多駅地区での自転車による広告、情報誌「Messa-jyu」での広告、Yahoo!JAPANのウェブページバナー(トップページ以外)などでも、飲酒運転撲滅を啓蒙していく計画だ。