年末年始、東京都・羽田空港の手荷物受取所でレーシングカーが走る!?

写真拡大

タイヤ販売業の日本グッドイヤーは、羽田空港第1・第2旅客ターミナルの手荷物受取所(バゲージクレーム内)の広告ジャックを12月22日から2013年1月6日まで実施する。

空港の手荷物受取所で広告ジャックを展開するのは、羽田空港では初めての試みという。

今回の広告ジャックは、同社が乗用車やトラック・バスのタイヤだけでなく、飛行機などのタイヤも生産していることから、ブランドプロモーションの一環として実施する。

年末年始の帰省ラッシュで混雑が予想される、羽田空港の手荷物受取所のスペース内やターンテーブルを使用し展開するという。

手荷物が回るターンテーブルでは、ベルトコンベヤーをレーシングサーキットにみたて、レーシングカー(模型)が荷物を先導して走っているような展示を実施。

自分の荷物が回ってくるまでのイライラしてしまう気持ちを、少しでも解消するようなユニークな広告を展開するとのこと。