行ったことがない上、この先も行きそうにない都道府県


自分の生まれ故郷や現在住んでいる場所以外に、「支社に出張」や「恋人が住んでいる」などの理由で、思いもよらない土地に行くこともあるもの。しかし、なかには、同じ日本国内と言えども、この先一生行かないかもと思ってしまう土地もあるものです。マイナビニュース会員に、行ったことがない上この先行きそうにない都道府県を聞きました。



調査期間:2012/10/30〜2012/11/4

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)

■理不尽すぎる理由

「石川県。出っ張っているから」(28歳/女性)

「鳥取県。らっきょうが嫌いだから」(28歳/女性)

「三重県。彼氏の元カノの出身地だから」(32歳/女性)



理不尽な理由から行かないと決めつけている人も。彼氏の元カノの出身地だからと行って、本人に会うことはないとは思いますが……。



■知らないだけ!? 「○○がない!」

「福井県。友達がいない」(30歳/女性)

「鳥取県。観光の目玉が何かわからないから」(26歳/男性)

「島根県。東京からわざわざ行くには遠い」(28歳/女性)



福井には若狭湾で取れる新鮮な海鮮が、鳥取県には日本最大の砂丘が、島根県には出雲大社があります。何もないなんて言わないであげてください。



■ほかで代用可能なので……

「鳥取県。砂丘は浜岡で見たので」(24歳/女性)

「大阪府。USJはディズニーランドでいいかなと思う」(29歳/女性)

「滋賀県。琵琶湖しかないと色んな友人が言っている」(26歳/女性)



一度見れば、似たように見えて否なるものだとわかってもらえるはずなのですが……。その一度のチャンスすら与えてもらえなさそうです。



■場所の問題?

「愛知県、滋賀県。目的地の通過県なので、素通りしてしまう」(44歳/女性)

「沖縄県。旅行するなら海外に行きたいので、沖縄は行かないと思う」(25歳/男性)

「沖縄県。飛行機も船も怖いので」(24歳/男性)

「青森県。行ってみたいと思うけど、遠い。北海道より遠く感じる」(28歳/女性)



名産や名所はあるけれど、所要時間やアクセス方法を考えると二の足を踏んでしまうという人も。船や飛行機に乗れないという人は、もはや日本から出ることもできないのでは……。



行ったことがない上、行くこともないと思っている都道府県でも、突然の転勤や、恋人の実家があるなどの理由で行くこともあるかもしれません。いつ何時どんな場所に行くかもしれないということを考えると、日本各地の名所や特産は知っておいて損はなさそうです。





(山本莉会/プレスラボ)