師匠を前に新兵器と共に来季の躍進を誓った服部(撮影:ALBA)

写真拡大

 ミズノの新製品発表会が滋賀県にあるホテルで行われ、岡本綾子、服部真夕、飯島茜、申ジエ(韓国)ら女子プロの他、手嶋多一、小林正則らミズノ契約プロが登場。発表会前には同社のクラブやウエアなどに関してのディスカッションなども行われた。
2012年シーズン10大トピックス! 女子ツアー編
 今回発表されたのはアベレージゴルファー向けの「JPX」ブランドの新作、『JPX825』シリーズ。ドライバーからフェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン3機種とウェッジがラインナップ。
 服部は『JPX825 フォージドアイアン』をテストし、「(使用中モデルの)後継モデルなので体に馴染む感じがします。打感もコントロール性能もいいですね。オフの間にしっかり試してダイキン(国内女子ツアー開幕戦)から使えれば」とコメント。来季については「今年以上の成績を残せるようにしたい」と抱負を語った。
 今季は1勝を挙げ、自己最高の賞金ランク10位でシーズンを終えた服部。来季は新しい相棒とさらに上を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>