「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」のひとこま。

写真拡大

■生徒のことを考えていない先生なんて

大船渡高校3年生の新沼理奈さん。来春からは仙台の専門学校で学ぶ。彼女が体験した同校の進路指導の仕組みを聞く。

「2年生の時から文系理系で分かれちゃって、(進路の選択肢が)狭まるかなっていうのは、ちょっとありますね。3年生の最初の三者面談のときには『どこに進むのか』は、けっこうしっかり決められます。3年生になると、文系も2クラスに分かれて、授業も違ってきて、受ける教科によって『もうこの大学は受験できない』ってなる。わたしの場合は(「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」から)帰って来たら、もう(進路変更の余地は)一切駄目でしたね。わたし自身は、入学当時から保育士の仕事って決めてたので、それ(迷うということ)はなかったですけど」

新沼さん、2年生の時の自分と比べると、進路や職業に対するイメージはずいぶんと具体的になるものですか。

「はい。『TOMODACHI〜』に参加して、あっちで働いてる保育士さんと会って、安い値段で留学できるというサイトとかも教えてもらって、留学もいいなって、さらに広がったかんじがあります。あと、今まで同じ学校の3年生と進路の話をしたことがなかったんですけど、『TOMODACHI〜』で一緒になった他の県の3年生の人たちとは、ずいぶんその話をしました。それが面白かったです」

さて新沼さん、来年の春からは大船渡を離れて仙台暮らしです。今の時点で楽しみにしていることと、心配なこと、大船渡を離れるに際し、寂しくなるなあと思うことは何かありますか。

「1年目は寮暮らしで、2年目から1人暮らしの予定です。楽しみなことは、知らない人との出合いです。わたしの学校からは誰も志望していないところなので、寮も学校も新しい人たちばかりです。わくわくしています。心配なことは、奨学金返済です。1カ月12万円×12カ月×3年で約400万円借りることになります。お金のことは今から心配です……。寂しくなることは愛犬のことですね。12歳の老犬なので、いつどうなるかわかりません。いつまでも元気に生きていてほしいと願うばかりです。毎日会っていた愛犬に会えなくなることはとても寂しいものです」

最近の犬は長生きですから、きっといいことありますよ。さて、新沼さん。しつこくなりますけれど、最後にもういちど、大船渡高校の進路指導の話を聞かせてください。端から見ていると保守的にも見えるのですが。こちらの問いに、新沼さんはこう話してくれた。

「現実主義なんだと思うんです。ある先生が話してくれたんですけど、その先生は高校時代に第一志望の大学に不合格で、とても苦しい浪人生活を送ったそうなんです。『だからちゃんと勉強して、俺みたいになるなよ』と言ってて。生徒のことを考えていない先生なんていないはず……と、わたしは思ってます。生徒が『○○をやりたいんですけど……』って言ったときに、『一時的な迷いだ。あとで後悔してほしくない。現実を見ろ』——こういうことなのではないでしょうか」

高校生たちが(たとえば「TOMODACHI〜」を体験して)発見した仕事。教師たちが「現実的だ」と判断する仕事。そのギャップがこちらには気になり始めている。高校の進路指導の先生は大変だ。たとえば看護師、たとえば普及指導員。高校生から資格や職業の名称を聞くたびに、こちらもそれを調べる。初めて知るものもあれば、知った気になっていただけのものもある。こちらはそれを書けばいいだけだが、先生はそうはいかない。ある日突然、生徒から知らない職名を聞かされ、限られた時間の中で調べ、(何よりもここが大変なのだが)その仕事が、その生徒に合っているかどうかを考える。「『TOMODACHI〜』に参加して、UCバークレーで起業家の人に会ってすげえと思って。起業家になりたいです」——もしそう言われたら、東北の高校の先生はどうすればいいのだろう。この「問題」は、最後に登場する高校生のインタビューの最後で、もう一度こちらの前に現れる。

■これぞコペルニクス的転換

最後に話を聞いたのは、大船渡高等学校2年生(文系クラス)の平士門(たいら・しもん)さん。51歳のお父さんはレストランを経営し、40代後半のお母さんは大船渡の中学校で体育教師を勤めている。埼玉大学に通う22歳の長兄、仙台大学に通う20歳の次兄、そして小5の妹がいる。自宅もレストランも高台にあり、津波の被害は免れた。「何でも出すレストランなんですけど、蕎麦がおいしいです。手作りで、蕎麦粉100%で」と平さん。

大船渡での取材は9月だった。その時点で平さんは将来の進路について「ふたつあるんです。できれば美容師しながら、ダンサーやりたい」と言っていた。

「高校で初めて美容室行ったんです。大船渡市内で従兄夫婦が美容室やってて。そこで初めて切った時に、格好いいなと憧れて。中学校まで、格好とか全然興味なかったんですけど、高校で興味出てきて。ダンサーやってみたいと思ったきっかけはアメリカ(=「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」)なんです。前々からマイケル・ジャクソンが好きで、よく動画とか見て、真似してて。たまたまアメリカで、みんなの前でダンスを見せる機会があって、結構受けが良かったので。それで、ダンサーもいいかなと」

取材メンバーの中に、そのときの動画をiPadに収めている人がいたので見せてもらった。なるほど確かに格好いい。女子の歓声が凄いなあ。平さん、ダンサーになろうと考えたとき、学校にそのための情報、ありますか。

「ないです。ダンサーの知り合い? いないです。会ってみたいです。ダンサーになるための情報をネットから取る? いや、ネットでも調べてないです。夢だけ」

最後の「夢だけ」が気になった。取材後3カ月経ってからあらためて聞いてみた。大船渡高校を卒業したあと、まずはどのような進路を考えていますか。

「九州大学に行きたいです。今なりたい職業の第一希望が変わりまして、美容師から天文学者になりました。理由は、宇宙が好きだからです。宇宙には恒星や星雲、ブラックホール……興味深いもの、未知のものがたくさんあります。宇宙についてわからないことがあると、いつの間にか調べるようになってました。いまだに解明されていないことを予想したりするのが楽しいんです。きっかけは、中学生の頃の教科書に出てきたベテルギウス、ミラ、アルタイル、なぜかこの3つの恒星に心が惹かれたからです。太陽の数百倍も大きい恒星。宇宙には地球のような星も必ずあると思うし、今発見されてる恒星よりも何倍もの大きさの恒星があると思うし……って宇宙のことを考えると止まらなくなります(笑)」

メールの文面が熱い。しかし平さん、なぜにいきなり九州?

(次回に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介 )