天満屋ストアとNTT西日本が協業、テレビ対応ネットスーパーを1月にオープン

写真拡大

天満屋ストアと西日本電信電話(以下、NTT西日本)は17日、テレビ対応のネットスーパーサービス分野において協業すると発表した。

天満屋ストアは2013年1月中旬より、ネットスーパーサービス「しあわせお届け便ハピーネット」の提供を開始。

食料品や日用雑貨など約5,000点を取り扱い、インターネットで顧客から注文を受けた商品を配達可能エリア内へ配達するという。

配達エリアは「天満屋ハピータウン原尾島店」(岡山県岡山市)の近隣半径3〜4km圏内。

配達料は購入金額3,000円未満では315円、同3,000円以上では105円となるほか、月額315円で配達料が無料となる「使い放題コース」も用意する。

注文受付時間は16:00〜17:00を除く1日23時間、清算方法は配達時の現金精算(別途代引手数料105円必要)またはネット上でのクレジット決済。

このほか、ペットボトルやトレーなどを買物袋1つ分まで回収する「リサイクル資源回収サービス」や、留守の場合に月額105円で商品を指定場所に留置きする「留置きサービス」(「使い放題コース」加入者のみ対象)も提供する。

同社は「しあわせお届け便ハピーネット」開始にあたり、パソコン、スマートフォンなどでの利用に加え、テレビを使ってインターネットを楽しめるNTT西日本の機器「光BOX+(情報機器)」向け専用サイトを構築。

パソコンなどの操作に不慣れな場合でも自宅のテレビからリモコン操作で簡単に利用できるネットスーパーサービスも同時に提供する。

「光BOX+」の初期設定については、NTT西日本が顧客の自宅を直接訪問して無料で実施するとともに、「しあわせお届け便ハピーネット」の会員登録や操作説明を行うサービスも提供するという。

「光BOX+」は、テレビに接続することで、簡単にインターネット上のコンテンツ利用を実現するAndroidOS搭載のセットトップボックス。

なお、同製品を使ってインターネットを利用する場合は、「フレッツ光」等のアクセス回線、および対応するプロバイダーとの契約・料金、ルーターなどに加え、HDMI端子付のテレビが別途必要となる。

今後のスケジュールは、18日に「しあわせお届け便ハピーネット」サイト公開および会員登録募集を開始した後、2013年1月11日より注文受付を開始し、同16日より配達を開始する予定。