●クラスメイトです!

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©GIRLS-und-PANZER Projekt.

TVアニメ「ガールズ&パンツァー」がTOKYOMXテレビ及びAT-Xその他から放送されています。

<キャスト>
西住みほ:渕上舞
武部沙織:茅野愛衣
五十鈴華:尾崎真実
秋山優花里:中上育実
冷泉麻子:井口裕香
角谷 杏:福圓美里
小山柚子:高橋美佳子
河嶋 桃:植田佳奈
蝶野亜美:椎名へきる
ダージリン:喜多村英梨
冷泉久子:愛河里花子
園 みどり子:井澤詩織
西住まほ:田中理恵
逸見エリカ:生天目仁美

●ストーリー
戦車を使った武道「戦車道」が、華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。県立大洗女子学園に転校生・西住みほがやってきた。
戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだみほ。ところが転校そうそう、生徒会長に呼び出され、必修選択科目で戦車道を選択し、戦車道全国大会に出場するよう強要される。しかも、集まったメンバーは個性派ばかり。
華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子―――。
友達とのフツーの女子校生活を夢見るみほの、ささやかな願いは叶うのか――?
●勝敗決する!
大洗女子学園VSプラウダ高校戦、五十鈴華の放った一撃がプラウダ高校のフラッグ車を見事撃破!

負けたプラウダ高校のカチューシャ、しかし相手の実力を素直に認める度量。それは勝敗以上に大切なものだと言えます。

この試合の一部始終を見ていた西住みほの母・西住しほ。彼女はこの試合を邪道だと評価しますが、姉・西住まほは妹の状況を見極めたマニュアル通りでは無い戦いぶりを高く評価します。
●決勝戦を前に
決勝戦は西住みほの姉・西住まほがいる黒森峰女学院。ちなみに決勝戦は戦車20両まで使用可能、相手チームは間違いなく20両フルに投入してくると思われますが、大洗女子学園の6両の戦車では絶対的な物量不足。

※サルベージしてきた88ミリ戦車について自動車部がレストアしてくれているようです。戦力としては強力なのですが地面にめり込んだりオーバーヒートし易いのが難点だったり。7両目について自動車部も戦車道に参加することになります。

大洗女子学園戦車道チームは必死に戦車を調達しようと近所へお願いしに行きますがなかなか難しいようで…。

そんなとき戦車道新規参加の猫田さん。彼女は戦車の操縦が慣れているようですが肝心の戦車がありません。ところが…。

置き物と化していた戦車が使える事が判明。これで8両目!ちなみに猫田さんはオンライン戦車ゲームをしている仲間で参加。
●五十鈴華の華道
週末は五十鈴華の華道の展示会があるため、見学に来る西住みほ達。

戦車型の華器を使用するという大胆な作風に娘を勘当した彼女の母もようやく感動したようです。
●前夜祭
明日の黒森峰女学院戦。これが大洗女子学園にとっても廃校を賭けた最終戦。そこで前夜祭と称して西住みほ達は一緒に夕食を食べる事に…。

※武部沙織手作りのトンカツという事で…。「勝つ!」

そんな武部沙織からの重大発表。

武部沙織「アマチュア無線2級に合格しました!」

これは彼女が真摯に戦車道(通信手)へ取り組んでいたという事への証左と言えます。

武部沙織「わかった!もし試合に勝ったら婚約してみせる!」

※相手はどうするんでしょうか?但し、全国大会優勝したらモテそうな気もしますけどね!

大洗女子学園のそれぞれのチームの前夜祭、彼女達の運命は明日の決勝戦によって決まります。
●決勝戦当日!
決勝戦当日、予想外の人出に驚愕する西住みほ達。そしてこれまで戦ってきた各校の面々も彼女にエールを送ります。

逸見エリカ「弱小チームだと貴方でも隊長になれるのね。」

西住みほに対してかなり見下した発言をする黒森峰女学院の逸見エリカ。但し、これは西住みほとしても言われるべき事情があるわけで…。

試合開始、平地を移動中の大洗女子学園チームに遠距離射撃が!黒森峰女学院は林を突っ切り不意打ちを仕掛けてきました。

※大洗女子学園チーム、一両大破!

これからどうなってゆくんでしょうか?

「ガールズ&パンツァー」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ガールズ&パンツァー」第9話「諦めない心」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ガールズ&パンツァー」第8話「降伏勧告!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ガールズ&パンツァー」第7話「戦車サルベージ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ガールズ&パンツァー」第6話「遠距離射撃戦!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ガールズ&パンツァー」第5.5話「総集編」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ガールズ&パンツァー」TVアニメ公式Webサイト
「ガールズ&パンツァー」AT-X公式Webサイト