栃木県・那須どうぶつ王国、大活躍のカピバラに温泉とカボチャのボーナス!

写真拡大

栃木県の那須どうぶつ王国では、2012年夏にオープンした「カピバラの森」で活躍をした「カピバラ」に、温泉入浴などの冬のボーナスを支給する。

同園によると、11月末までの入場者数は昨年比111%増。

この背景には、今夏にオープンした「カピバラの森」と「カピバラ人気」の影響が非常に大きいという。

また、給餌体験のエサ売り上げでも、昨年比172%と「カピバラの森」での売り上げが大きく影響している。

そこで同園は、来場者との触れ合いや給餌体験で大活躍をしたカピバラに対し、ねぎらいの意味をこめて12月21日に「ボーナス」を支給。

冬至にちなんで、那須どうぶつ王国温泉・那須五峰の湯の源泉掛け流しゆず湯を用意。

また、湯船にはカボチャやリンゴなど冬ならではの身体に良い食材も浮かべ、カピバラたちに食べてもらうとのこと。

なお、12月21日は休園日のため一般公開は行わないが、12月22日・23日は公開する。

ただし、天候により中止の場合もあり。