マレーシアのマクドナルドで見つけた「サムライバーガー」

写真拡大

世界最大の外食チェーン・マクドナルド。

日本では安価なファストフード店として知られているが、マレーシアでは「ちょっとおしゃれなカフェ」のような存在だ。

なぜなら、屋台なら5マレーシアリンギット(RM・約135円)も出せばおなかいっぱいになれるのに、マクドナルドのセットメニューは12RMもする。

それでも、マクドナルドはいつ行っても多くの人でにぎわっていて、家族や友達同士笑顔でハンバーガーにかぶりつく姿は日本と同じ。

今回は、マレーシア人の憩いの場、マクドナルドをレポートする。

行ったことのある人はご存じかと思うが、マレーシアは多民族国家である。

マレー系(約65%)、中国系(約25%)、インド系(約7%)の主に三民族が暮らし、宗教、行事、風習などは民族ごとにバラバラ。

食事もそうで、例えば中国系は中国料理を好み、タミール出身のインド系は南インドの料理を贔屓にする。

そんな環境の中、民族の垣根を越え、民族を問わずに「おいしいね! 」と言い合えるレストランはとても貴重だ。

マレーシア人に愛されているマクドナルドは、重要な社交場ともいえる。

また、マレーシアはイスラム教を国教としていて、マクドナルドもイスラム教徒のための”ハラル”というルールにのっとっている。

といっても、豚肉を使ったメニューが無いぐらいで、それ以外は他国の店舗とほとんど変わりがない。

それよりもマレーシアのマクドナルドで驚くのは、女性スタッフの制服だろう。

それも頭部に注目。

ほとんどの女性スタッフが黒色のスカーフを頭に巻いていて、前髪はたらさずにおでこが全開。

これはイスラム教の教えで、女性は髪の毛を家族以外の男性に見せてはいけないため、頭に巻くためのスカーフがマクドナルドの制服として支給されているのだ。

多民族が暮らすマレーシアは、お祭りやイベントをとても大切にする。

そのためマクドナルドでも、季節に合わせた期間限定メニューが登場し、人々の話題となっている。

中国正月に毎年登場するのは、繁栄という意味の「プロスペリティ・バーガー」。

黒胡椒たっぷりでパンチのきいたソースとらせん状のオニオンリングが特徴。

常夏のマレーシアには季節が無い。

そのため、この「プロスペリティ・バーガー」を見ると、「あれからもう1年かぁ〜」と時の流れを感じるのである。

最近ヒットしたメニューは「サムライ・バーガー」(セットで12.45RM・約342円)。

親日国家のマレーシアは、日本をモチーフにしたビジネスが人気で、これもその1つ。

内容はといえば、日本ではおなじみのテリヤキバーガー。

和食といえば「テリヤキ」が人気のマレーシアでは、イメージにぴったり。

ちなみに、マレーシアで流れていたCMは、甲冑姿のサムライがマクドナルドのお店につかつかと入ってきて、ハンバーガーをうれしそうに食べるという、なんともほほ笑ましいものだった。