「LPGA Mercedes-Benz Player of the Year」初代女王に輝き、「CLS シューティングブレーク」を贈られた全美貞選手(12月13日、都内で)

写真拡大

女子プロゴルフの全美貞選手(韓国)が、2012年の「LPGA(社団法人日本女子プロゴルフ協会)Mercedes-Benz Player of the Year」に輝いた。

同賞は各大会の順位や出場ラウンド数を元に、賞金女王とは別にその年の「真の最優秀選手」を決定するもので、今年新設された。2005年から日本女子ツアーに参戦している全選手は今季4度の優勝を重ね、また年間を通じてコンスタントに出場、文句なしの成績で賞金女王とともに「初代LPGAメルセデス女王」の座を射止めた。

「女王にふさわしい車」CLSシューティングブレーク

自動車メーカーのメルセデス・ベンツの名を冠しているだけあって、賞品は同社の車だ。それも、10月に日本発売されたばかりの最新モデル「CLS シューティングブレーク」が、全選手のために用意された。エレガント&スポーティーなラインが売りのスポーツクーペツアラーで、同社も「1年で最も活躍した美しく輝くゴルフの女王を賞賛するに相応しいモデル」と胸を張る。2012年12月13日、都内で行われた表彰式で同車を贈られた全選手も、ティファニー製のトロフィーを手に頬をほころばせた。

このほか全選手には、ティファニー製のペンダントと賞金500万円が、またランキング2〜8位に入ったイ・ボミ選手(韓国)ら7人にはメルセデス・ベンツ車の1年間無償貸与権などがそれぞれ贈られた。