栃木県・真岡鐵道で「SLサンタトレイン2012」を12月22日と23日に運行

写真拡大

栃木県の茂木から茨城県の下館の間を走る真岡鐵道では、恒例のクリスマス列車「SLサンタトレイン2012」を12月22日(土)、23日(日・祝)の両日、運行する。

クリスマス列車になるのは、下館〜茂木間のSLで、下りは下館10時36分発で茂木12時06分着、上りは茂木14時27分発、下館15時58分着。

各車両にサンタクロースが乗車するほか、客車内はツリーやリースなどで飾られ、クリスマスムード一色となる。

車内では、サンタクロースがSLに乗車した子供全員にクリスマスプレゼントをするほか、サンタクロースといっしょに遊べるゲームなどを行う。

楽しいSLの旅を満喫できる、例年年末恒例のイベント列車だ。

乗車には、乗車券のほかにSL整理券が必要となる。

SL整理券は中学生以上500円、小学生250円で、JR東日本みどりの窓口、びゅうプラザおよび真岡鐵道で発売されている。

また、茂木駅構内の「ききょうホール」でもクリスマスイベントがある。

22日には12時30分から13時10分まで、SL機関士と「もおかSL倶楽部」のボランティアによるクリスマスコンサートが、23日には12時30分から13時10分まで「ハンドメイドクリスマス」が開催される予定。

さらに、両日ともに13時20分から13時50分まで、ビンゴゲームが企画されている。

なお、SLもおかの今年の最終運行日は24日(月)となり、2013年の運行は1月5日(土)からとなる。

5日と6日(日)は、SL新年号として、車内でイベントを開催予定。