●奈々生、神様をやめる

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会

TVアニメ「神様はじめました」がテレビ東京、AT-X他にて放映されています。

<キャスト>
桃園奈々生:三森すずこ
巴衛:立花慎之介
鞍馬:岸尾だいすけ
瑞希:岡本信彦
ミカゲ:石田彰
猫田あみ:佐藤聡美
上島ケイ:清水香里
鬼切(おにきり):新子夏代
虎徹(こてつ):大久保ちか
龍王・宿儺:浪川大輔

●ストーリー
父親が家出して、若い身空でホームレスとなってしまった女子高生・桃園奈々生。困っている奈々生の前に「私の家を譲りましょう」という怪しい男が現れる。男の正体は、土地神ミカゲ。
奈々生は家(=廃神社)と引き換えに神様の仕事を任されてしまい…!?
 しかも社には、性格最悪で凶暴な妖狐・巴衛が神使として居座っていた。社の精である鬼切と虎徹に励まされながら社の仕事をこなす奈々生に、巴衛はいつも悪口ばかり。

ある日奈々生は鬼切から「神使の契約を結べば、巴衛が絶対服従する」という話を聞く。喜びいさんで契約方法をきくと「口づけ」だって…? 

「冗談じゃない!巴衛とキスするぐらいなら出て行ってやる!!」 

奈々生の明日は果たして!?
●ごく普通の女子高生、桃園奈々生
桃園奈々生は女子高生、ごく普通の女子高生。なのですが、ある日彼女が神社から出て買い物に出掛けると通りすがりの子供に、

子供「お化けっ!」

と言って逃げ出されてしまいます。

買物先のスーパーマーケットにいる主婦達も、

主婦「あの廃神社に女の子の幽霊が出るみたいね!」

と口々に噂をする始末。

確かに人が殆ど寄りつかない廃神社だからそのように言われてもおかしくありません。

※と言うより奈々生は幽霊扱い?

そこで奈々生は…。
●神社の客寄せイベント!
巴衛はいまいち乗り気ではありませんが奈々生は神社で祭りをしようと頑張ります。

まずは神輿を綺麗に掃除しようとしますが…。ところどころ壊しながらも何とか掃除は出来ました。ところが、

巴衛「神輿は神の乗り物。生身の身体では乗れないだろ!」

とは言え、廃神社が現在の空気が澄んだ状態になったのは奈々生に依るところが大きいのは彼も認めているわけであり…。

奈々生がチラシ配りを行い告知も万全。そして、そのイベント提案では、

瑞希:大きな壺で酒を振る舞う。
巴衛:妖怪を連れてきて見世物にする。


※まだ瑞希の方が現実的ですね!

鞍馬「食い物は保健所から許可がいるからやめた方が良い。祭りなら御神楽舞ったり作務所で御神籤売ったりのほうが良いんじゃね?」

突然現れた鞍馬(土産持参)。なかなか良い提案です。神楽は昔神社で行われていたようでその衣装もある様子。奈々生も神楽の衣装を身に付け御満悦。ですが…。
●奈々生、神楽の舞の特訓をする!
巴衛は奈々生に神楽の舞を特訓しているのですが、あまりにも奈々生の物覚えが悪いためかなり難航している様子。巴衛のスパルタ振りにげんなり。

※瑞希の笛も並行して練習中ですが、彼についても全く上達の気配が見られません。

その様子を遠目で見ている乙比古とミカゲ。乙比古は奈々生の土地神としての能力にげんなりですが、ミカゲは彼女に何か期待するものがあるようです。
●乙比古の試練!
奈々生のあまりのへなちょこ振りに業を煮やした乙比古が彼女の前に現れます。そこで彼は廃神社に瘴気を仕掛け、彼女を試す事にします。

周囲の異常さに気付いた彼女、慌てて瘴気を払おうとします。もちろん、巴衛や瑞希も気付きますが彼等の力でも瘴気を払いきれません。

※瘴気を払うのは土地神の能力に依る処が大きいです。

彼女は自分の無力さを嘆き、廃神社から出ていきます。

この後、奈々生はどうなるのでしょうか?

「神様はじめました」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「神様はじめました」第11話「奈々生の簪」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第10話「合コンはじめました!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第9話「元の鞘」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第8話「龍王・宿儺との因縁」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第7話「巴衛とのデート」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「神様はじめました」TVアニメ公式Webサイト
「神様はじめました」AT-X公式Webサイト