『ONE PIECE FILM Z』週末興収&動員数で最高記録、第千巻も200万部増刷へ

写真拡大

12月15日より全国公開されたアニメーション映画『ONE PIECE FILM Z』が、公開土日2日間で今世紀の邦画最高記録を更新したことが17日、明らかとなった。

原作の尾田栄一郎が総合プロデューサーを務め、劇場版第11作目として公開された本作は、公開から土日2日間で動員数114万人、興行収入13億円を突破。

これは同日に公開された『ホビット 思いがけない冒険』『映画 妖怪人間ベム』『大奥〜永遠〜』『フランケンウィニー』を抑え、週末興行ランキングナンバーワン、東映配給作品としても新記録を更新している。

さらには、11月に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が初日から2日間のオープニング動員数で約77万1,800人で今年の最高記録となっていたが、本作はそれを抜き、最速で100万人を突破。

また前作の『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』(2009年)のオープニング興行収入10億3,921万4,800円も上回ったことになる。

現時点での興行収入ナンバーワンは、今年7月に公開された『BRAVE HEARTS 海猿』で73億3,000万円。

本作は今後、さらなる動員するお正月興行に入ることもあり、『海猿』超えも射程にとらえている。

この週末は、全国の公開劇場がフルキャパシティで稼働しつつも満席の状態で、チケットを購入できずにいた人も大変多かったという『ONE PIECE FILM Z』。

このあまりの動員数に配給の東映は、本作の入場者特典「海賊の宝袋」のうちの一つ、コミックス「ONE PIECE」第千巻の200万部増刷も決定した。

「海賊の宝袋」は200万セットで打ち止めとなっていたが、コミックス「ONE PIECE」第千巻のみ、ここからさらに200万部が入場者特典として配布される。

映画『ONE PIECE FILM Z』は、2009年に劇場版第10作目を記念して大ヒットを記録した『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』から3年ぶりとなる『ワンピース』の新作映画。

本作では、映画シリーズ初の”新世界”が描かれ、全海賊抹殺を企む首謀者、伝説の元海軍大将・ゼットと主人公、モンキー・D・ルフィ率いる率いる麦わらの一味のし烈な戦いが繰り広げられる。

原作の尾田栄一郎が総合プロデューサーを務め、脚本は『SMAP×SMAP』など人気バラエティー番組を手がける放送作家の鈴木おさむ、主題歌は中田ヤスタカ(capsule)とアヴリル・ラヴィーンが担当。

毎回話題となるゲスト声優には、篠原涼子と香川照之が出演。

篠原が元海軍大将・ゼットの最強の部下で「モドモドの実」の能力者・アインを、香川がゼットのもう1人の部下で「モサモサの実」能力者の無口な忍者風海軍のビンズを演じることが決定しており、この2人を加え、新たな『ONE PIECE』サーガが描かれている。

(C)尾田栄一郎/2012「ワンピース」製作委員会