東京都・サンシャイン水族館で、シマウミヘビと伊勢えびを展示

写真拡大

東京都・豊島区にあるサンシャイン水族館では、2013年の干支「巳」にちなんだ生き物として、12月27日〜2013年1月6日の期間、ヘビの名前がついている「シマウミヘビ」と、お正月の縁起物として「イセエビ」を展示する。

シマウミヘビは、インド洋や西太平洋域などのサンゴ礁の砂地に生息。

ヘビの名前がついているが、魚類に分類されウナギ目に属する。

体表のしま模様は毒を持つ「ウミヘビ」によく似ているが、シマウミヘビは無毒で、擬態することで身を守っているという。

また、イセエビは房総半島以南、韓国や台湾などの岩礁域に生息。

体長は35cmほどになり、高級食材として扱われている。

なお、同園の年末年始の営業時間は、12月23日〜12月25日は10時〜21時、2013年1月2日〜2月28日は、月曜〜木曜の平日のみ10時〜19時(1月8日、1月10日を除く)。

入場料金は、大人1,800円、こども(小中学生)900円、幼児(4歳以上)600円、シニア(65歳以上)1,500円となっている。