地価の高い都会で土地付き一戸建を買おうと思うと、1億円以上必要になる。しかし、その1億円があれば、地方でまあまあの家を買って、一生暮らしていくだけの資金を捻出できる。都会から田舎に目を向ければ、少ないコストでもっと豊かに暮らせる方法が見つかるはず。

洗練された社長は
六本木ヒルズではなく、地方の町に移住した

 住宅情報誌の持ち家試算では、「現在、この収入であれば、これだけの家が買える」という計算ができる。優秀なエリートサラリーマンや共働きの夫婦なら、35年ローンで1億円の家が買えるという結果が出る人もいるはずだ。

 しかし、そこには1億円のローンを支払うために犠牲になる自分の労働力がまったく考慮されていない。

 病気もするし怪我もする。だって、人間だから。

 オマケに、会社だって35年間持ちこたえられるかどうかわからない。もはや、国家も会社もアテにならない時代だ。

 そもそも、1億円の家が買えるほどの甲斐性のある人は、短期間で1000万円貯金して、早めに引退し、北海道のような地方に住んでブラブラと暮らすのがいい。

 最近、都会から地方に疎開した社長がいる。ナウでヤングな高級中古住宅を購入して、月に2回、東京に出勤している。

 普通、ビジネスで成功した人は六本木ヒルズに住み、スーパーカーを乗り回し、セレブなパーティーに連夜出席していると考えがちだ。

 ところが、洗練された社長は違った。

 まず、優秀な人材を集め、会社の経営を安定させた。そして、自分がほとんど出社しなくてもいいようにシステムを構築。さらに、新築価格5000万円の丘の上に建つ豪邸を中古で購入。築10年の物件を2000万円で入手したという。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)