TOEICテスト最大の攻略法は受験をすること!

写真拡大

2012年11月18日の日曜日、第175回 TOEIC試験を受験してきた。

どうして、TOEICを受けようかと思ったのは、このコラムのネタでもある。

連載第6回で申し込んでいた。

しかし、試験をいざ受けるとなると真剣にならざるをえない!試験当日は、もう、とてつもなく過酷な2時間だった!何が一番過酷かといえば、休憩なしの2時間の無音状態での試験だ。

これは、いくら普段の勉強でも、音楽を聴きながら、リラックスした状況で、コーヒー片手にネットを見ながら、優雅にやっていてはダメなんだと痛感した。

試験のテストは、2時間、インターネットなし!音楽なし!トイレなし!休憩なし!の状況だ。

当然、その静寂な中での集中トレーニングを積んでおくことの重要さが、今回受験をしてみて、一番よくわかった。

考えてみると、会議で2時間なんて普通にあるが、黙々と一言も喋らず、試験をこなすという2時間は体験していない。

ボクの場合は2時間黙っているということは苦行に等しい。

2時間の試験は、2時間、泳いだり、2時間走り続けるのと同じで、普段から2時間を黙々と試験をこなす耐性を自分の体の中に創っておかなければならないと痛感した。

ヒアリングや試験よりも、まずはこの2時間のテストに耐えられるかどうかだった。

●受験票にしっかりと目を通そう!TOEICの試験を申し込むと、試験前の2週間ほど前に受験票が送られてくる。

ようやくあと試験まで2週間しかないと身がその瞬間だけは引き締まるが、あれよあれよという間に試験前夜となってしまう。

マークシート方式だから当然だが、鉛筆と消しゴムしか使用できない。

社会人になってからは、鉛筆や消しゴムはほとんど使う必要がない。

どこかにあるだろうと思ったが、結局、当日にコンビニで購入することになった…。

また、写真と身分証明書(免許や保険)も必須だ。

これは、なりすましで受けて高得点を取ってくれるバイトがいたからだ(笑)ボクの受けた教室でも約100名ほどいたが、2名ほど、本人確認で手こずっている人がいた。

●試験会場には早めに到着しよう!試験開始は13時より。

説明が12:30から開始。

受付は11:30より12:30まで。

試験会場をiPhoneアプリを頼りに行ったけど、最後の最後でうまく検索できない。

11:45分頃到着。

試験番号によって貸しホールの階が違う。

あわてて試験番号を見直す。

飛行機などの場合は、搭乗時間ギリギリの方が待たずに乗れるので、好きだが、TOEICの場合は、早めに行って余裕を持っておくことが大事だと思った。

しかし、朝から何も食べずに15時まではきびしいので、試験会場で、シャーペンと一緒に購入してきたパンを食べていたら、怒られてしまった。

食事は外で済ましておこう!年に9回行う試験だから、当然会場は貸しホールみたいな場所だから、その会場によってレギュレーションは違ってくる。

満腹にしていくと、満腹中枢を刺激し眠たくなる。

かといって空腹すぎるのもストレスが貯まる。

ボクは、常にお腹の調子があまり良くないタイプなので、受付は早めにいって、自分の座席にとりあえずの荷物を確保し、貴重品を持って、全ての用を足しておくことをオススメしたい。

会場に早く到着してから、最後の最後まで勉強するのもありだ。

会場の雰囲気に慣れておくのは余裕につながるはずだ。

受付は12:00くらいが一番のピークとなった。

年齢層は、受験時期にもよると思うが、大学生から社会人30歳くらいまで、男女同数くらいな感じだ。

日曜日なのでスーツを来ていないと、最近の社会人と大学生はまったく見分けがつかない。

おそらく、ボクが最年長なのは確定(笑)●TOEIC試験の説明12:30になった…時間ピッタリに始まる!TOEICの試験でユニークだと思ったのが、解説はほとんど音声テープ(ディスク?)での解説。