最近のラブホのお話




彼氏、彼女と行きたいところ、それはラブホ! いやファッションホテルか。カップルズホテルでもいいんですが。最近のこの種のホテルは素晴らしくよくできています。最近のラブホのお話です。





■名前がありすぎ! 何ホテル?



ジャンルは明らかにラブホになるのでしょうが、最近ではラブホを指す名称がたくさんあります。ファッションホテル、ブティックホテル、カップルズホテル、レジャーホテル……。あからさまな表現は避けて、利用者が言いやすいようにしようしてたら増えちゃったんでしょうね。



■最近のラブホは質の向上が素晴らしい



昔と違うのは部屋の内装など、明らかに質が向上している点です。デザインセンスのいいインテリア。計算された間接照明。またアメニティーグッズが質量ともに向上しているのも特徴です。



クレンジングクリーム、洗顔料、化粧水、美容液、乳液など女性が必要とするものを細大漏らさず備えています。男性の場合、シャンプー&トリートメントに歯磨きセットぐらいで大丈夫でしょうが。



加えて、コットン、ソーイングセット、綿棒、シートパック、ヘアブラシなど。一流ホテルに負けない品ぞろえです。また女性用の生理用品、下着の用意をしていないところもまれでしょう(これらはほぼ有料)。



■サービスも充実なのだ!



とにかく「女性のリピーターをつかむ!」という方針が明確です。「あそこに行きたい」と男性におねだりしてもらおうという作戦です。そのため、スイーツ付き、エステサービス付きなど、女性ターゲットなサービスを充実させているホテルは多いのです。また、待合室でも盛り上がってもらおうと、ダーツなどのゲームを用意しているところもあります! こうなってくると普通のホテルがとてもつまらなく見えてきますね(笑)。



■SODさんのラブホ部屋が絶好調!



SOD(ソフト・オン・デマンド)と言えば、AV(アダルトビデオ)制作の雄。SODがプロデュースしたラブホの部屋があるのです。しかも連日予約が入るほどの大盛況とか。このラブホの部屋のプロデュース業務を行っているのが、ソフト・オン・デマンド株式会社 執行役員の友田良徳さんです。



友田さんにお話を伺ったところ、「弊社はAVの制作会社です。そのビデオ内で見せていることを実際に経験していただくというのがコンセプトです」とのこと。どんな設備が人気かを伺ってみると「アンケートなどを取って調べてみたらSMに関する興味が高そうだということで、それ関連ですかね」というお答えでした。



お客さんの反応は上々だそうです。友田さんによれば「県外からわざわざ来てくれる人、またリピーターも多いです」。また、最近のほかのラブホではあまりないですが、部屋に「感想ノート」を置いたりもしているとのこと。利用者の中にが年配のカップルもおられるらしく、達筆な感想もあるそうです。「若いカップルが多いのかと思いきや、熟年カップルにも人気なようでうれしいですね」とは友田さんの弁。



■SODがプロデュースした部屋があるホテル



現在、3つのホテルでSODプロデュースの部屋が用意されています。年内に1軒、2013年にもう1軒のホテルで部屋がオープンします。



●『ホテルパークサイド』

埼玉県さいたま市大宮区のホテル



●『HOTEL競馬場Us』

新潟県新潟市のホテル。SODプロデュースの部屋が最多。教室や保健室などがある。



●『ホテルぴみ』

静岡県袋井市のホテル。



●『楽しくナイト』

埼玉県さいたま市岩槻区のホテル。年内に部屋がオープン予定



●『?』

福岡県福岡市博多区のホテルに来年部屋がオープン予定。まだホテル名は秘密だそうです。





(高橋モータース@dcp)